友達同士はこういう事するんだよ?(マナ×レジーナ)


目次に戻る

 二人きりでアイスを食べて以来、レジーナはたびたびマナの前に姿を現すようになった。ある時は学校、ある時は通学路、ことあるごとに顔を出してはマナに擦り寄る。
「マナぁ! 私も一緒に帰る!」
 その放課後も、校門から出てくるマナ達の前に姿を見せた。
「またレジーナ……」
 菱川立花は苦笑する。
「よっぽどマナと仲良くなりたいんですわね」
 四葉ありすは静かに微笑む。
「マナ、どうするの?」
 剣崎真琴も、どこへ行っても現れるレジーナには呆れかけていた。
「……うーん。そうだ。今日はうちに来ない?」
「ホント? マナの家行きたい行きたい!」
 その誘いにレジーナは瞳を輝かせるが、周りの三人はマナの提案にぎょっとしていた。
「マナ? ひょっとして……」
 立花はそーっと声を伸ばす。
「せっかく仲良くなりたいって言ってくれてるんだし、もっとお互いのことを知らなくっちゃね。だからレジーナ、今日は私の家でお泊りしよう?」
「お泊り? やったー! お泊りー!」
 レジーナは喜びではしゃぎまわる。
 その様子を三人は――中でも立花は特に、何ともいえないモヤモヤした気持ちを抱えて見つめているのだった。

     *

「さ、レジーナ? ここが私の部屋だよ?」
「わーい!」
 レジーナは海にでも飛び込む勢いでベッドへダイブし、キラキラと輝く瞳で部屋中を見渡す。
「そっか。ここがマナの部屋なんだぁ……」
 大好きなマナの部屋を見て、感激している様子だった。
「ねえレジーナ」
「うん。なになに?」
「私と仲良くなりたいんだよね?」
 マナはレジーナの横へと腰を下ろす。
「うん! なりたいなりたい!」
 レジーナは隣へやって来たマナに肩をくっつけた。
「友達同士がどういう事するか、レジーナは知ってるかな?」
「一緒に遊んだりするんでしょ?」
「そうなんだけど、遊びにも色々あるんだよ?」
 マナはおもむろに服を脱ぎ、薄ピンクのブラジャーを曝け出す。
 何をいきなり始めるのかと、レジーナは不思議そうな顔をしていた。
「ねえマナ、どんな遊びをするの? 脱いでどうするの?」
「とっても気持ち良い遊びだよ? さ、レジーナも脱いで?」
「気持ち良い遊び? 私も脱ぐの?」
「そうだよ? 友達同士はお互いのことをきちんと知らなくちゃいけないの。そのためには肌と肌で触れ合うのが一番なんだよ?」
 マナはスカートを脱ぎ落とし、背中に手を回してブラジャーのホックを外す。衣服の大半を脱ぎ去って、マナの体に残っているのはパンツだけだ。
「ほら、レジーナも脱いでごらん?」
「で、でも……。全部脱ぐの? なんか恥ずかしい……」
 目の前の剥き身の肢体をまともに見れず、顔を赤らめたレジーナはもじもじしながら俯いてしまう。
「私と友達になるんでしょ? ちゃんと恥ずかしいことだってしなきゃいけないんだよ?」
「そうなの? マナ」
「うん。そう」
 マナはきっぱりとして頷く。
「ホントに?」
「うん。本当だよ」
「そっかぁ、うーん……」
 レジーナはしばし腕を組み、考え込むかのように目を瞑る。
 そして、やがて――。
「わかった! マナがそういうなら、ちょっと恥ずかしいけど……。頑張る!」
 レジーナもゴシック風の衣装を脱ぎ、ブラジャーを取り外す。
「脱いだよ? マナ」
 お互いの肢体を晒し合い、マナはそっと、肩を押すようにしてレジーナをベッドに押し倒す。
「いい子だね? レジーナ。おっぱい可愛い」
 マナは小ぶりな胸を揉み始める。慣れた手つきで指は踊り、みるみるうちに乳首は硬くなっていく。レジーナは痺れるような快楽を覚えていた。
「え、マナ……」
「柔らかいね。レジーナ」
 顔を埋め、乳首に舌を這わせる。先っぽを唇に含むようにしながら、口内で舌を暴れさせ、敏感になったその部分を執拗に苛め抜く。
「ひぁぁ……マナってばぁ……! なんか……ヘンだよ? じわじわするぅ……」
「気持ちいいでしょ?」
 歯先でそっと、優しく乳首を刺激する。
「うん……。気持ちいい……!」
 頬を赤く火照らせて、レジーナは快楽に浸っていた。
 マナは乳房へ唾液を塗り込み、乳首の乳輪上に舌先をぐるぐる走らせる。上下に動かし乳頭を撫で込み、ちゅぅぅぅ――と吸いついた。
「……あっ、気持ちいい」
「そろそろレジーナもしてくれる?」
 そう言ってマナが口を離すと、レジーナは名残惜しそうな顔をする。
「私が?」
「うん。私がしたみたいに、レジーナも私のおっぱい吸ってみて? ほら?」
 マナはレジーナを抱き起こし、子供をあやす母親のようにレジーナを自分の胸元へ導く。
「マナのおっぱい……綺麗!」
 レジーナはそっと乳房に触れ、揉みしだき、そして顔を埋めて吸い付いた。ぎこちなく舌を動かし、たっぷりと舐めずさる。
「そうそう。歯は強くしちゃ駄目だよ? 舌を使ったり、チュゥゥゥって吸うときは優しくするの」
「こーお? ――チュゥゥゥゥ……」
 レジーナはマナの乳首を吸った。
「そうそう。気持ちいいよ? レジーナ」
「ホント? じゃあ、もっとしてあげる!」
 レジーナは無邪気に喜び、楽しそうにマナを押し倒して、乳房を揉んだ。指先で乳首を摘んで弄り、もう片方の乳を唇に含む。
「……あぁっ、いい感じだよ? レジーナ――私も気持ち良い……」
 マナはうっとりと目を細めた。
「これはどう?」
 歯先をそっと擦り付ける。
「いいよぉ……レジーナぁ……」
「やった。今度はもっと吸ってあげる!」
 ちゅっ、ちゅぅぅぅぅ……。
「――っつはぁ、レジーナ上手」
「ホント?」
「うん。今度はもっと気持ち良い場所にいってみよっか」
 マナは下からレジーナの肩を押し返し、肢体を絡ませ合いながら、身体を返してひっくり返る。上下を入れ替わり、レジーナに覆い被さる形となって、マナは下へ手を伸ばした。
「おっぱいより良い場所って?」
「それはね、ここだよ?」
「――ひっ!」
 布越しの秘所に触れると、レジーナは驚いたように身を縮める。
「ま、マナ……そこ恥ずかしい……」
 羞恥に頬を熱くして、レジーナは震えた声を出す。
「恥ずかしい場所だから気持ち良いんだよ?」
 マナは子供を諭すかのように語りかけた。
「……そうなの?」
「おっぱいだって気持ち良かったでしょ?」
「……うん」
「おっぱいより恥ずかしい場所なんだから、これからもっと気持ち良くなれるよ?」
「マナがそう言うなら、我慢する」
「よし、良い子だね」
 マナはレジーナのパンツを脱がせ、貝のぴったりと閉じたその部分に指を這わせる。ねっとり絡ませるような手つきで、いやらしく割れ目を愛撫した。
「――っ、はぁ……マナぁ……」
 熱を帯びて瞳がとろけ、レジーナの口元からだらしなくヨダレが垂れる。
 しだいに膣液が滲み、マナの指には透明な粘液が絡み始めていた。指の滑りが良くなって、レジーナへ伝わる快楽も増していく。
「レジーナも、私のお願い。舐めっこしよ?」
 マナも下を脱ぎ去り曝け出し、レジーナの顔にアソコを乗せるようにして伸し掛かる。お互いの股元に顔を埋め、大事な部分をなめずりあった。
「マナぁ……気持ち良い?」
 舌をぴたりとあてがい、ズルゥゥゥと割れ目をなぞっていく。マナの藍液を舐め取って、舌にその味を感じていた。
「すっごこいいよ?」
 マナは舌先で割れ目を探り、敏感な突起を見つけ出す。
「やぁ……! そこ……気持ち良い!」
「でしょ? クリトリスっていうんだよ?」
「それは……どこにあるの?」
「ぷっくり出てるのがあるから、探してごらん?」
 レジーナは指で恥穴を押し開き、赤い肉ヒダをまじまじと見つめる。膣口の上に、わずかな豆の肥大を発見し、そーっと指でつついた。
「ここ?」
「やん……! そう、そこだよ」
「そっかぁ、じゃあ私も舐めてあげる」
 レジーナは早速舌を差し伸ばし、チロチロと舐めずさる。
「あぁ……うぅん。気持ち良い……」
 マナも同様に突起を舐め込む。
「はぁぁ……マナの口、いい……!」
 二人は互いのクリトリスを舐めあって、ねちっこく刺激しあった。恥丘が唾液みまみれ、愛液がシーツにまで染み出して、二人は快楽を堪能した。
 そして、ようやく情事が終わる。
「マナ、気持ち良かった」
 それでも二人は裸のまま、身を寄せ合って布団に潜り込んでいた。
「私も気持ち良かったよ? レジーナ」
「これで仲良しになれた?」
「うん、なれた。これからもいっぱいしようね?」
「うん!」
 レジーナはのしかかるようにしてマナに抱きつき、マナの体温を全身で感じ取る。その温かさの中で、レジーナは眠りに落ちていった。






目次に戻る



inserted by FC2 system