レジーナのやつ黙らせようぜ


目次に戻る

 ジコチュートリオのアジトである薄暗いボーリング場。
「ったくよぉ、マーモ。レジーナの奴、ちょっと生意気すぎねーか?」
 イーラは苛立ちをあらわにする。
「同感ね。いくらキングジコチュー様の娘だからって、我がままばかり聞いていられないわ」
 マーモがそれに同調していた。
「ねえイーラ、今のうちに自分の立場を教えてあげる必要がありそうだとは思わない?」
 彼女の提案にイーラは深く頷いて、意気込みを見せるように拳を握ってみせた」
「まったくだぜ! 僕達であいつを黙らせてやろう!」
 二人は結託し、そして……。

 目論見はいとも簡単に成功した。
「ねぇちょっと? ノドかわいたんだけど、なんか飲み物ないの?」
 いつものように我がままを振りまいて、レジーナは美味しいジュースを要求する。その前はとうもろこしを要求してきたが、いざ用意してみれば「バターコーンがいいの!」と突っぱねられた。
 もっとも、その時とうもろこしを出したのはベールだったが、見ているだけで腹立たしいのは二人とも同じことであった。
 マーモはしめたとばかりに用意したコップに睡眠薬を混入させ、イーラが盆で運んで手渡して、今回はお気に召したのかレジーナはすぐにジュースを飲み干した。
 それから、しだいに薬が効き始め……。

 かくんっ、

 眠気に飲み込まれたレジーナは首を落とすかのようにウトウトし、まぶたを重くした表情で欠伸をかく。
「ふわーあ……なんか急に眠くなっちゃった。おやすみなさーい」
 無警戒に眠り出し、狙い通りにレジーナはすやすやと寝息を立て始めた。
 それが二人の思惑通りだということにも気づかずに……。
「ぷははははっ、成功だぜ!」
 よほど愉快な気分になってか、イーラは腹を抱えて笑い出す。
「イーラ? ベールの奴に見つかる前にとっとと運ぶわよ? キングジコチュー様の娘だからやめておけって、止めに来るに決まっているわ」
「わーかってるって」
 二人はそれぞれレジーナの肩と両足を腕に抱え、暗い一室へと連れていく。寝台の置かれたその部屋で手足に手錠をかけ、レジーナの身体をX字状のように拘束した。

 それから、二人は長らく待機する。

 自分が拘束されているとも知らないレジーナは、呑気に寝息をたててヨダレを垂らし、幼い寝顔で数時間は眠り続け、待ちに待った挙句にやっとのことで目を覚ます。
 ゆっくりと目を開いたレジーナは、すぐにはハッキリとは覚醒しない。
 まどろみの中から完全には抜け出せず、だからか手足にかかった手錠にも気づかずに眠い顔ばかりをして、二度寝さえしようとしていたが、やがて経ち、レジーナはやっとのことで自分の状況に気がついた。
「え? なに? なんなのよこれ!」
 手足を固定され、せいぜい手錠の鎖を揺らしてもがくしか出来ない拘束された状況に、困惑と混乱を入り混ぜていた。
「誰か? これ外してちょーだい! 誰かいないの?」
 大きく声を張り上げる。
 その声に気づいてやって来るのは、部屋の外でレジーナの目覚めを待っていた二人、イーラとマーモであった。
「どういたしましたぁ? お嬢様ぁ」
 イーラは嫌味たらしい笑みを飛ばす。
「どうしたじゃないわ! 動けないの! いいから見ていないで外してちょうだい!」
「駄目よ? レジーナ、あなたの態度にはお仕置きが必要なんだから」
 マーモは軽やかな手つきで、レジーナの履くゴシック風のスカートの端を摘み上げ、中身が丸見えになるように思い切り捲りあげる。
「ちょっ、ちょっと! なにしているのエッチ!」
 レジーナは顔を真っ赤にして怒鳴り上げる。
「へー? 黒履いてんのかぁ、趣味いいねぇ」
 イーラはわざとらしく覗き込む。黒い布地に薄っすらと薔薇模様の刺繍が見える、グレーのリボンの付いたショーツの柄を網膜に焼き付けんばかりに視姦して、無遠慮に太ももに手を乗せ撫で始める。
「見ないで! 触らないで!」
 レジーナは暴れるように抵抗するが、手錠の鎖がガシャガシャ音を立てるばかりだった。
「ねぇ? レジーナちゃん。今のうちに反省するなら、すぐにでも解放してあげるわ」
「なによ反省って、バっカみたい! 反省するのは私にヘンなことしてるあなた達の方よ!」
 いいようにショーツを拝まれて、レジーナは必死に喚き散らした。
「残念、簡単には反省しないみたいだぜ?」
「そうね。仕方ないから先に進んじゃおうかしら」
 衣服がマーモの手でずり上げられ、ブラジャーまでずらされる。じたばたともがいても手錠が音を鳴らす以上のことはなく、無残にも乳房は露出し揉みほぐされた。
「ははっ、これがオッパイの揉み心地ってやつか」
 イーラは夢中で指を躍らせる。
「わ、私の胸に触るなんて! 罰金よ! お父さんに言い付けてやるんだから!」
「へー? 僕にオッパイ揉まれましたって報告すんのか? パンツ見られたから仕返しして頂戴ってか?」
「うっ……」
 レジーナは息を詰まらせる。
「レジーナ様? 生意気な態度を取ってごめんなさい、って言えばいいのよ?」
「……そ、そんなこと言うわけないでしょ? ふーんだ」
 やや焦った顔をしながら、レジーナは強気にそっぽを向いてみせた。
「言わないそうよ? イーラ」
 マーモは視線でイーラを促す。
 この先へ行ってしまえ、という合図だ。
「おら、こん中も見てやるよ」
 ショーツの左右を掴み込み、イーラは布地を左右に引き裂いた。ガードを失った秘所が二人の前に曝け出され、まだ陰毛も生えきっていないその部分は視姦に晒される。
 イーラはにんまりとしながら、痛いほどの視線をそこへ注ぎ込んでいた。
「やめて! 私が誰だかわかってるの? キングジコチューの娘よ!」
「だったらなんだよ。そーいう態度が気に入らないっつってんだろ?」
 イーラは意地悪く手を伸ばし、割れ筋に指を押し込む。なぞるように上下させ、そして敏感な豆を見つけて弄りぬく。
「やめて! やめてってば!」
「やめて欲しけりゃ反省しろよ」
「するわけないでしょ!」
「じゃあ、やめねー」
 顔を押し寄せ、舌でずるりと舐め上げた。
「気持ち悪い! ヘンタイ! ヘンタイヘンタイ!」
 唾液を擦り込むような舌愛撫に大事な部分を唾液まみれにされ、レジーナは大粒の涙を溜めて喚き散らす。
「へん! 泣いてやんの!」
 イーラはそんなレジーナの顔を指しながら、腹を抱えながら笑い出した。
「いいザマね? これがキングジコチュー様の娘の姿なのかしら」
「まったくだぜ! 散々偉そうにしといてマンコ舐められるヤツが気取ってんじゃねーよ」
 二人の姿はまさにいじめっ子のそれに近い。
 クラスでも弱そうな生徒に目をつけて、嫌なイタズラを仕掛けた挙句、相手が泣きだせば大喜び。それが小学生なら大人の説教で解決することもあったろうが、普通の人間生活など関係のないジコチュートリオが、女の子を相手に性的なイジメを加えているのだ。
「ほらほら、早く反省して謝らないと、もっとすごいことしちまうぜ?」
 イーラは恥丘を押し開き、赤い肉ヒダを覗き込む。
「大事なとこが丸見えだぜぇ?」
「見ないで! そんなとこ!」
「へぇ? こうなってんのかよ」
「まさかイーラ、見るのは初めて?」
 マーモがおちょくる。
「当ったり前だろ? なに言ってんだ」
「あら、ネットでも見たことがないってことかしら? ウブなもんね」
「うるさいなぁ! モザイク付きでもいいだろ!」
 イーラは敏感な突起を舐め、舌先でつつき込む。
「で? どうだレジーナ、少しは謝る気になったかよ」
 レジーナに意地の悪い笑みを向けた。
「ふん! 私なにもあやまるようなことしてないもん!」
「へぇ? まだそんな口が利けんのかよ。だったら、もう仕方ねぇよな?」
 イーラはマーモに視線を寄越す。
「そうね。ここまでしても駄目っていうなら、これ以上をするしかないわね」
 マーモは顔で『先』を促し、するとイーラはズボンを脱ぐ。
「何? ちょっと! これ以上なにする気よ!」
「気持ち良いことだよ。今にわかるぜ?」
 そそり勃つ棒の先端を膣口へねじ込み、イーラはレジーナの膣内へと腰を押し進めていった。
「いっ! 痛い! なにしてるのよ!」
「なにって、セックスだよ。知らねーのかよ」
 イーラは豪快に腰を振り、肉槍で膣を抉る。
「ヤダ抜いて! いますぐ抜いてちょーだい!」
「誰が抜くかよバーカ! 代わりにヌいてやるよ!」
「……や、やだ! 意味わかんない!」
「あぁ? 今にわかるよ」
 ゆさゆさと腰を揺すり付け、狭い膣内を堪能する。
「どう? イーラ。初めてした気分は」
「へ、思っていたより悪くねーぜ」
 やがて限界に達したイーラは、その剛直を奥へ押し込む。子宮を狙うかのように亀頭を押し当て、そして――。

 ドピュ、ドク――ドピュゥゥ!

 脈打ちながら精を放出し、それはレジーナの膣内へと注ぎ込まれる。
「なにこれ! なに出したの!」
 熱い液にレジーナは困惑し、喚き散らした。
「おいおい、お嬢様は精液も知らないときたぜ」
「ウブなもんね。さ、レジーナ?」
 マーモは妖しい笑みを浮かべ、耳元へ向かってそっと囁く。
「今のをもう一回出されるのと、きちんと反省するのとどちらがいいかしら」
「なんなのよ……! 反省って……」
「もう生意気な態度は取りません。ごめんなさい。って約束するのよ?」
「そうしたら……これも外してくれる?」
 レジーナはマーモの顔色を伺う。
「もちろんよ?」
「それじゃあ、その……。もう生意気な態度は取りません。ごめん……なさい……」
「だそうよ? イーラ」
 マーモはイーラに向き直る。
「いいぜ? 許してやるよ。けど、今後また生意気な態度を取ったら、そのたびにコイツをお見舞いしてやるんだからな」
 イーラは肉棒を見せ付ける。
「は、反省するから! だからやめてちょーだい!」
「ん? それが反省って態度か?」
「……反省しますから、やめて下さい」
「そうそう。それでいいんだよ。な、マーモ」
「ええ、私も許してあげるわ。もちろん、生意気な態度には注意をさせてもらうけれどね」






目次に戻る



inserted by FC2 system