六花とマナのバレンタイン


目次へ戻る

 明日は二月一四日のバレンタイン。
 菱川六花はウキウキしながらボウルでチョコをかき混ぜて、愛情いっぱいに仕上げたチョコを丁寧に包装してリボンを結ぶ。

 ――美味しいって言ってくれるかなぁ?

 明日を想像するだけで顔がにやける。
『うぅ〜ん! おいしーい!』
 頬に手を当て、いっぱい喜ぶマナの姿が今から目に浮かぶようだった。

 そして、その朝――。

「マナちゃん! これあげる!」
「はい、私からも!」
「うちからもどうぞ!」
 殺到だった。
 一緒に校門をくぐるや否や、何人もの女の子が一瞬でマナを取り囲んだのだ。箱包みもの、紙袋入りのもの、ビニールに詰められた丸いチョコ、全てが手作りである。
「はいはーい。どうもどうもー」
 マナは全員のチョコを受け取り、腕にどっさり山を抱えた。
「はあーあ、さすがは王子」
 絶対、どの男子よりもたくさんもらっている。
 この時点で何十個になるのかわからないのに、とりあえず貰ったものは生徒会室に置いて教室へ行くと、クラスメイトがさらに追加で渡してくる。
「これ、どうぞ!」
「うん。ありがとう」
 マナは全てを笑顔で受け取る。
 休み時間にはさらに他クラスや他学年の子達が駆けつけて、もうとっくに百個目以上であろうチョコを山のように受け取り続ける。他に置き場所がないので、その都度生徒会室に置きに行っていたのだけど、放課後になる頃にはもう机がチョコで埋もれていた。
「一体いくつよこれ」
「五百二十三個」
「数えてた!? っていうか、うちの学校ってそんなに女子いたっけ?」
「二つ以上持ってきた子も何人かいたし、男子からも貰ったからね――というわけで、今年は最高記録を更新しました!」
 マナは嬉しそうにVサインを出しているけど、こんな量をいったいどうするのだろう。
「ねえ、今年も全部食べるの?」
「へへっ、愛は全て受け取らないと。さ、どーれにしよっかなー」
 マナは山の中からチョコを選んで食べ始める。
 そんなに食べて、太らないかも気になるけど……。
 そういえば、六花は去年のことを思い出した。去年もマナは山のようにチョコを受け取り、みんなに気持ちは受け取るものだと、全部一人で平らげた。お腹いっぱいになっているマナにチョコを渡しにくくなってしまい、あの時は一日遅れて渡していた。
 今年は、去年よりもさらにたくさん貰っている。
 食べきるのだろうか。
 いっそ、今のうちに渡して自分のチョコを早めに食べてもらおうか。
 よし、そうしよう。
「あ、あの! マナ……!」
 六花は腰の後ろにチョコを隠して、勇気を振り絞って切り出した。
「なに? 六花」
「あのね。その……私からも――」
 そうして、六花がチョコを差し出そうとした時だ。

 バタン、

 突然、ドアが大きく開け放たれ――

「マナ! これあげる!」

 生徒会室に飛び込んできたのはレジーナだった。
 レジーナもチョコを作って、マナのために渡しに来たのだ。しかも、それは誰のチョコよりも大きな袋で、ソフトボールくらいはあるだろうか。袋がそこまで膨らむくらい、いびつな丸いチョコがどっさりと詰まっている。
 ビニールから見える丸チョコの形の悪さ……。
 だけど、へんに綺麗に整っているよりも、いびつな方がよっぽど手作りらしさが詰まって見える。レジーナも一生懸命作ったんだと、六花にも伝わってきた。
「わぁ! レジーナぁあ! ありがとーう!」
 あぁ、みんなの時とはテンションが大違いだ。
「ねえ、食べて食べて?」
「うん! 食べる食べる!」
 マナはレジーナのチョコを頬張り始め、本当に幸せそうな顔で「美味しい! すっごく美味しいよこれ!」と、なんども声を上げて喜んでいた。

 ――どうしよう……。

 六花は焦燥にかられた。

 ――マナの胃袋が他人のチョコで満たされちゃう……。

 レジーナは仕方が無いとしても、その他大勢の生徒の分まで食べる気なのだ。それだけ、たくさん。みんなの愛で作られたチョコがマナの胃袋に入り込み、消化され、栄養となって全身へ巡っていく。

 ――みんなマナのチョコなんて作らなくていいのに……。

 胸の内側に黒い感情が沸いてしまう。

 ――駄目駄目。これじゃあ、私がジコチューになっちゃう!

 だけど、もしも自分からジコチューが生み出され、暴れ出したら?
 マナはすぐに変身する。
 そして……。
『愛を失くした悲しい六花? このキュアハートが六花のドキドキ取り戻してみせる!』
 戦いの末、マナに心を浄化される。

 ――なんていうのも、悪くはなかったりして。
 ――はぁー。私ってば、こんなことばっかり考えちゃう。
 ――ねえマナ。たまには気づいてくれてもいいんじゃないの?

「あ、そうそう!」
 レジーナのチョコを平らげて、マナは六花に迫ってくる。
「ねえ、さっきなんて言おうとしたの?」
「え? さっき? うーんとねぇ――忘れちゃった」
 六花は苦笑いで誤魔化した。
 本当はチョコを渡そうとしたけれど、やっぱりやめだ。

 ――今年はレジーナだっているものね。だから、あーげない!

 六花は自分のチョコをバッグに隠し、最後までマナに渡すことなく家まで帰った。


          †


「これ、あげる」
 マナに渡すはずだったチョコを、六花はラケルに渡してしまう。
 人間に化け、少年姿になっていたラケルは戸惑った。
「でもこれって……。本当にいいケル?」
「いいのいいの。食べちゃって?」
「でも、六花はもう僕にチョコをくれてるケル。これはマナにあげるものだったはずケル」
 ラケルに渡す分のチョコは、確かに前日の手作りの時に済ませている。それがマナへの気持ちだったことはラケルにもわかっていることだった。
「だって、あんなに貰ってるのよ? その上私からのチョコなんて、虫歯になっちゃうんだから」
「で、でも……!」
「いいんだってば。ほら、食べちゃって?」
「う、うん……」
 ラケルはとても気まずそうに包み箱を開封し、たどたどしくチョコをかじった。その味はとても美味しいものだったけれど、どうにも素直には喜べなかった。


          †


 翌朝――。

「ふぃ〜……もうしばらくチョコは食べられないや……」
 マナは腹をパンパンに膨らませ、微妙に気分の悪そうな青っぽい顔をしている。
「まさか、もう全部食べたの?」
「はい。食べました」
「で、鼻血でも出た?」
「……はい。チョコの食べすぎで鼻血が出て、ちょっと貧血気味かも」
「はぁ、本当にしょうがないんだから」
 やっぱり、もう渡せない。
 こんなにお腹をいっぱいにして、鼻血まで出したマナにまた食べさせるなんて、とてもじゃないけど出来っこない。
 だけど、やっぱり……。
 マナのお腹には全校生徒の愛が詰まっていて、そこに六花のチョコはない。
 とても寂しい気がしたけれど、これではもう仕方がなかった。


          †


「本当に良かったケル?」
 ラケルが凄味を利かせて聞いてくる。
「だって、仕方ないじゃない……」
「仕方なくないケル! マナだって待ってるケル!」
「そんなこと言われても…………」


          †


 今の六花は、他人のチョコで膨らんだマナのお腹を恨めしく思っている。そこに自分の愛はないことが、とっても寂しいと感じている。そんな自分の自己中な所は六花自身が一番よくわかっていて、だから今更になって渡すチョコなんてどこにもなかった。

「さーて、行ってきますか」

 学校終了後、生徒会室。
 マナはどっさりと大きな袋を背中に背負っていた。さながらサンタクロースがプレゼントを詰め込むための白い袋だ。それくらい、チョコがいっぱいに詰まっている。 
「それ、全部配るの?」
「まーね。昨日は貰うばっかりで時間がなかったから、一日遅れになるけど私のチョコは今日配るよ――というわけで、行ってきまーす!」
 ああ、行ってしまった。
 大量に貰うチョコ、配るチョコ。
 ホワイトデーも大忙しになるのだろう。
「はーあぁ……」
 やっぱり、寂しい。
 マナがどんどんみんなのものになっていくようなこの感じが、どうしても寂しい。寂しいけれど、そんなことを言い出してマナを引き止めるのも、迷惑をかける気がして躊躇ってしまう。
「六花、それでいいケル?」
 ラケルが出てきた。
「大丈夫よ。いつものことなんだから」
「だけど、マナだってきっと待ってるケル」
「え……? 待ってるって……」
「六花のチョコが一番欲しいのはきっとマナだケル!」
「そう言われても……」
 もう一日過ぎているのに、どうすればいいのだろう。
 自分はどうしたいのだろう……。

「今日はちょっと調子が悪いみたい。みんなに言って、先に帰ることにするわ」
「六花……」

          †

 夕暮れの道を一人で歩く。
 いつもならマナが隣を歩いているけど、今日ばかりは六花だけだ。
「はぁ……」
 自然とため息が出てしまう。
 本当はもっとマナに構って欲しい。マナをもっと独占したい。
 だけど、そんな自己中を起こすわけにはいかない。ここでチョコを上げていたら、自分が自己中になってしまうような気がしてできなかった。
 誰の心にも自己中な気持ちはある。
 それをきちんと押さえ込んでこそ、立派な人間。
 露骨なアピールなんてできっこない。

「六花ぁー!」

 その時だった。マナが大声で六花を追いかけ、追いついてきたのは。
「え、マナ?」
「もう、先に帰るんだったら早く言ってよ」
「ごめん。ちょっと気分が……」
「ほんとにー?」
「え、ええと……」
 頭が下がる。本当は昨日と今日で気落ちしたからだ。
「ま、それはいいんだ。別に。そんなことより、ちょっと来てくれる?」
 マナは六花の手首を掴み、強引に引っ張り始める。
「え? ちょ、ちょっと!? どこ行くの? マナ!」
「いいからいいから」
 手を引かれるまま、六花は歩く。
 妙な雰囲気に緊張した。
 こんなに強引で、有無も言わさないマナなど初めてだ。
「……マナ?」
「…………」
 返事がない。
 ただ、無言で引っ張られる。
 一体どこまで行くのだろう。
 ようやく立ち止まったその場所は、人気のない公園の木陰であった。六花は樹木へ追い込まれ、木を背中にしながら、両腕で左右への退路を塞がれる。
「な、なに? 本当にどうしたの? マナ……」
「六花に渡したいものがあるの」
 いつになく真剣な顔だ。
「……うん。なに?」
「私ね。みんなに配るためにたくさんチョコを作ったけど、六花にだけは一番美味しいものを食べて欲しいって思って、ちょっと時間をかけちゃったんだ。だから、昨日までには間に合わなかったけど、これを受け取って?」
 マナが六花に差し出したのは、一日送れのバレンタインチョコだった。
「でも、私はマナには……」
「いいからいいから。召し上がれ」
「うん……」
 六花は恐る恐る包装の包み袋の紐を解き、マナの手作りを唇の内側へ。舌に触れると同時にチョコのとろみが濃厚にとろけ、甘くも苦いその味が舌全体に広がった。
「――おいしい!」
 本当に感動した。
 プロのパティシエが手がけたのかと思うほどの美味しさで、とてもその辺の人が作ったものとは思えない。
「愛をたっぷり込めたんだよ?」
「ありがとう……マナ!」
 嬉しくなって、六花はマナの胸元へすがりついた。
「あら、どうしたのさ」
「……だって、私はチョコあげなかったんだよ?」
 六花は独白する。
「レジーナみたいにはなれないの! 自分が自己中になるんじゃないかってことばかり考えちゃって、だから私は――」
 溢れ出す感情を吐き出す六花を、マナは優しく抱きしめた。
「わかってるよ。六花の気持ち、私はちゃんとわかってる」
 慰めるように頭を撫で、胸の中へ包み込む。
「マナ……!」
「六花にはさ、もっと我がままになってみて欲しいな」
「いいの? ホントに」
「ちょっとくらい勝手言ってこそ仲良しの証だよ。愛と自己中は紙一重だもの」
「うん……うん……!」
「私だって、本当は六花のチョコが一番欲しかったんだよ? 六花がくれたものなら、何百個目のチョコでも絶対食べる! それは忘れないで欲しいな」
「うん。忘れない! ありがとう……マナ」

     †

 その晩だ。
「さーて、やりますか」
 すっかり出遅れてしまったが、いっそ日が過ぎてしまっていても構わない。今からでもマナへのチョコを作って、美味しく食べて貰うのだ。
 六花はキッチンでエプロンを着用し、台所に材料を並べて気合いを入れた。
「やっといつもの六花に戻ったケル」
「まーね。ラケル? 味見お願いね」
「了解ケル!」
 マナの笑顔が目に浮かぶ。

「くぅ〜! 美味しい!」

 幸せそうに頬に手を当て、デレデレしながら食べるマナの姿が今から楽しみで仕方なかった。




目次に戻る

inserted by FC2 system