病み六花の自己中が解放される時・前編

目次へ戻る 後編へ



 ジコチュートリオなんていなくても、人の自己中心的な心は解放される。

(遅い……)
 駅前にある広場の中で、菱川六花は何度も腕時計を確認する。もはや秒針が一つ動くたびに苛々し、六花は繰り返し足裏で地面を叩いていた。
 せっかく、一緒に買い物をする約束をして、今日という日を楽しみに迎えたのに……。
 相田マナが、待ち合わせの時間になっても現れないのだ。
(……もう十分も過ぎてる)
 まだまだ日曜の朝、時間がまるっきり潰れるわけではないけれど……。
 それでも、マナと交わしたはずの約束を思い出す。

「ねえ、駅の方で新しい店が出来たって知ってる?」
 マナが不意に話を切り出してきたのは、ついこの前。
 共に歩く通学路の上で、帰り際にマナは誘いかけてくれたのだ。
「色んな洋服があるみたいだから、日曜日に一緒に覗いてみない?」
「うん! 行きたい行きたい!」
 マナがデートに誘ってくれた。
 大好きなマナと、二人きりでお出かけできる。
 もうそれ以上嬉しいことなんて他になくて、今にもニヤニヤしてしまいそうな顔を取り繕うのが大変なほどだった。
 それなのに――。

(まだ来ない)
 腕時計の時間を見れば、もう十五分は過ぎていた。
 いや、来るはずだ。
 駅を行き交う人混みから、今にも「遅れてゴメン!」と言いながら、申し訳なさそうに六花の元へ駆け寄ってくるはずだ。
 そう思って人の波からマナを探すが、来ていない人間の姿があるはずもなかった。
(どうして? 何で連絡もないの?)
 遅れるのならメールくらいくれてもいいはずなのに、それさえもなく時間が過ぎて行く。
 もしかしたら、途中で事故にでも遭ったのか。それとも、いつものように誰か人助けでもしているのか。
 心配になって六花の方からメールを送るも、返事はない。
 電話をかけても、出てはくれない。
 マナは一体、どこで何をしているのか。
(もう二十分過ぎた)
 人混みの中から女の姿が見えかけて、それが自分の方向へ向かってくるたびに期待する――やっとマナが来たのかと。
 しかし、現れる女性は単なる他人で、むなしく六花を横切っていくだけだった。そんな事が何度も何度も繰り返され、だけどそのことごとくがマナではない。今か今かと待ちわびているのに、無情なまでに焦らされる。
(いつになったら来るの? マナ、マナ、マナ……)
 待っても待っても現れない。
 待たされるばかりの状況が耐えられなくなって、六花は再びメールを送る。
 返事はない。
 もう一度送る。
 それでも、返事はない。
 しかし、それ以外に六花の気を紛らわせるものは他になく、返事の来ないメールを何通にもわたって送信した。電話も入れた。送ったメールに一分以内に返事がなければ電話をかけ、出てくる気配がなければメールを再び送り直す。
(マナ、マナ……)
 三十分が過ぎた。
 なおも返事もなければ折り返しの電話もなく、人混みからマナが現れる気配はない。
(どうして来てくれないの? いつまで待たせるの?)
 グスン。
 悲しくなる。
 目から溢れかけるものが視界をぼかし、目じりを濡らした。
(私が何か悪い事でもしたの? マナのこと怒らせた? だから来ないの? ねえマナ、あなたは本当にどこにいるの? ねえ、今どこなの? マナぁ……!)
 秒を刻めば刻むほど、六花の胸の内側で、マナの笑顔が色濃くなっていく。一緒に笑いながら新しいお店へ行って、今頃は可愛い服を探しているはずなのに、どうして自分はまだこんな場所にいるのだろう。
 待つばかりの自分が惨めになってきた。
 ちゃんと待ち合わせ通りに来てくれていれば、まずはマナのエスコートでお店まで案内してもらい、そしてマナに選んでもらった洋服を試着しているはずだった。「どう? 似合う?」なんて尋ねて、「うん。可愛い!」なんて言ってもらう。そんな瞬間を、約束を結んだ時から今日の今まで夢見ていた。
 四十分を過ぎた。
 洋服のあとはどこかで一緒に食事をして、お互いの皿からおかずを分け合ったり、デザートを一口ずつ一緒に食べたり、なんて考えていたのに。
 それなのに、まだ来ない。
(マナ、マナ、マナ……)
 時間が経てば経つほど瞳が濡れて、まぶたの隙間から雫がこぼれ落ちそうになる。耐えがたいほどの気持ちを抱えながら、ハンカチで何度も目元を拭いて、それでも六花はマナを待ち続けた。
 五十分が過ぎた。
(もう、来ないの? マナ……)
 やがて諦めにも似た気持ちが沸いてくる。
 それでも六花は、やはりマナを待ち続けた。
 このまま一生マナが来ないのだとしても、自分はここで待ち続けるのだろうか。いっそ怒って帰ってしまえれば楽なのだろうが、もしその後になって、入れ替わるようにマナがやって来たらと考えると、やっぱり帰ろうにも帰れない。
 いや、帰りたくないのだ。
 マナと一緒に、約束通りにお店に行きたい。
 遅くなっても構わない。
 行きたい。

 ポツン、

 雨が降ってきた。
 やや大きめの粒がパラパラと降り注ぎ、六花の髪を、服をしっとりさせていく。やがて水気を吸って、服も髪も重くなり、前髪の先から水滴が垂れていった。
(傘、ないや)
 天気予報では晴れだったはずなので、折りたたみも持っていない。
 けれど、近くには屋根もない。この待ち合わせ場所を離れれば、マナが来た時に自分を探させる手間を与えるだろう。
 だから、雨だろうと待ち続ける。
 寒くなって、だんだん体が冷えてきたが、それでも待ち続けた。
 しかし……
 …………
 ……

 とうとう一時間が過ぎても、マナは現れなかった。

     *

 ああ、どうしてこんな日に!
 と、心底思う。
 そうは思っても、やっぱり相田マナは困った人を見捨てられずにいた。
 道端でいきなりお婆ちゃんが倒れ、怪我をする現場に行きあっては、もう放っておく方がおかしいというものだ。
「ヒヨリ、ヒヨリ……」
 救急車の中、おばあちゃんはマナでない誰かの名前を呼びながら、しかしマナの手を握っている。
 きっと娘か、あるいは孫の名前なのだろう。
「大丈夫ですよ。お婆ちゃん」
 マナはそっと笑いかける。
 病気だったのだろう。急に発作を起こしたお婆ちゃんが石畳でいきなり倒れ、その時に地面に頭をぶつけてしまった。まるで全力疾走でもした後のような激しい呼吸に、頭部からの出血を見て、危険な状態だと判断したマナはすぐに救急車の手配をしたのだ。
 そして、マナはそのままお婆ちゃんに付き添っている。
「ヒヨリ……」
 寂しそうに、切なげにその名前を呼ぶお婆ちゃんの声。
「大丈夫、ヒヨリはここにいるよ」
 そんなお婆ちゃんの手を、マナは優しく握り返す。
 病院へ到着すると、お婆ちゃんはすぐに病室へ運ばれた。
 ここまですれば十分すぎるほどの親切で、これ以上マナが関わる義理はなかったが……。
 病気の重い症状を看護師から聞き、場合によっては危篤に陥る可能性もあると知り、すぐにヒヨリを呼ばなくてはと使命感にかられたのだ。
 運良くお婆ちゃんは携帯電話を持っており、そこに載っていたアドレス帳からヒヨリにあたる人物へ連絡を取れた。
 しかし――。
「大変失礼ですけど、その話が嘘じゃないって、ちゃんと証明できますか?」
 警戒された。
 世の中には親戚や家族が入院したと言って、親族をダシに詐欺を働くような手口もある。いきなりお婆ちゃんが病院へ、なんて言われても、きっと疑いを持つのも当然のことで、それを晴らすのに時間がかかってしまった。
 辛抱強く事情を話して聞かせていき、やっとの事で話を信じてもらえた。
 両親を引き連れ、すぐに駆けつけるとの事だ。
 どうやらヒヨリとはお婆ちゃんの孫にあたる子で、今は中学生らしい。近頃は顔も見ていなかったせいで、自分のことが恋しくなっていたのだろうとヒヨリは電話で言っていた。
 病院の入り口でヒヨリを待ち、まもなく母親を連れた彼女が現れたことで、ようやくマナはこの場を離れることが出来た。
 ここまでくれば、もう自分に出来ることは残っていない。
 あとは孫の顔を見て元気をつけるのが一番だ。
 家族で笑顔になれますように。
 そして……。
(待たせてゴメンね。六花)
 マナは待ち合わせ場所へ向かって、全速力で駆け出した。
 だが、救急車で遠く離れた病院からでは、待ち合わせの駅までにはかなりの距離がある。ただでさえ時間を消費していた中、やっと駅が見えてきた頃には――

 ――既に二時間が過ぎていた。

     *

 六花はその場で体育座りになって、組んだ両膝に顔を埋めていた。
 そうでなければ、涙で濡れた顔をそこら中の一般人に見られてしまう。いや、傘もなくこんなところにうずくまっていては、やっぱり目立っているだろう。
 しかし、マナは必ず来るはずなのだ。
 顔さえ隠せて入れば、あとはどうでもいい。
「六花! ゴメン!」
 やっと、マナの声が聞こえてきた。
 すぐ目の前までやって来て、マナがゼェゼェ息を切らせているのが音でわかる。世紀の大遅刻を取り戻そうと、きっと大急ぎで走って来てくれたのだろう。傘なんて持っていないから、マナだってずぶ濡れに違いない。
 だけれど、顔が上げられない。
 涙ぐんだ顔なんて、見せられっこなかった。
「マナ、遅いよ……」
 六花はただ声だけを絞り出す。
「本当にゴメン、倒れたお婆ちゃんがいたから……」
 それだけで、十分にわかった。
 六花のことなどそっちのけで、マナは困った人の世話をしていたのだ。
「結局、人助けなんだね」
 涙ぐんだ声を、マナに突き刺す。
「放っておけなかったから! だから……」
「私のことは放っておいたクセに! なんで? なんでよ! 他人は駄目で、私だったら困っててもいいの? ねえ!」
 六花は初めて顔を上げた。
 マナの衣服に掴みかかり、頬をつたってアゴから涙を垂らしながら、六花は大きくわめき上げた。
「メールだってしたのに、電話もしたのに、何も返って来ない! ずっと無視してたの? そうなんでしょ?」
 自分は何を言っているんだろう。
 せっかく、遅れてでも来てくれたというのに。
 マナだってびしょ濡れなのに。
 自分の心を叫ばずにはいられない。
「ゴメン、気づかなくて……」
「それじゃあ、私のことは放っておけるんだね!」
「り、六花? 私そんなつもりじゃ……」
 だったら、連絡ぐらい欲しかった。
 何もなく待たされたから、本当は事故にでも遭ったのかもと、心配さえしていた。それが何事もなくピンピンしていた上に、自分よりもどこぞの他人が二時間以上も優先されていたのだ。
 さも申し訳なさそうなマナの顔を見た瞬間から、もう怒りしか沸かなくなっていた。
「マナの……」
 六花は涙に濡れた顔でマナを睨む。
 そして、鼓膜にも響くほど大きな声で、

「マナの馬鹿!」

 怒鳴り散らし、六花はそのまま走り去って行った。

     *

 六花を傷つけてしまった。
 自分はただ困った誰かを助けたかっただけなのに、それが六花を困らせることになってしまっていたのだ。
 六花はいつも言っていた――マナは周りに愛を振りまきすぎだと。
 そうだったのかもしれない。
 涙ながらに叫んで去って行く六花の背中を追えなくて、マナはただただその場に取り残されていた。

 あとで確認すれば、六花からはたくさんのメールが届いていた。

『もう、遅れるならちゃんと連絡しなさい(怒)』
『またどこかで人助け? もう時間は過ぎてるんだから急いでね』
『三十分過ぎたよ? まだなのかなー』
『もしかして、何かあった? いつもの人助けならいいんだけど……』
『ねえ、どうして連絡もくれないの?』

 これほど多くのメールが来ていたのに、お婆ちゃんの容態に気を取られて、マナーモードの振動には気づかなかった。仮に気づいたとしても、救急車や病院の中で電波を飛ばすわけにはいかないから、連絡ができるタイミングは限られていたが……。
 それでも、気づきさえすれば一報入れる機会くらいはあったはずだ。

『本当に事故でもあったの? だったら仕方ないけど……』
『何か連絡もできない状況なの? 無視してるわけじゃないよね?』
『雨降ってきたね。でも、待ってるからね?』

(こんなに六花を心配させていたんだね)
 自分のしたことを思うと、後悔で泣けてくる。

『ねえ、もう一時間以上経ったよ? 寝坊でもした?』
『いつまで待ってればいいのかな……』
『ずっと立ってて足が痛くなってきちゃった。座って待ってるね』
『早くしないと、帰っちゃうよ? 少し冷えてきたし』

 長い長い時間を待たされて、六花はこれだけのメールを書いていなければ、寂しくて仕方がなかったのかもしれない。

『何か怒ってる? だから来てくれないの?』
『私が悪い事したなら、教えてよ』
『ねえ、まだ? マナってば、いつになったら連絡くれるの?』
『マナ? 本当に今どこなの?』
『マナ、早く来て』
『会いたいよ。マナ』
『どこなの? マナ』
『生徒会長が時間を破りすぎだよ? マナさん。早く来なさい』
『マナ? そろそろ来るよね』
『もう一時間半。まだなのかな? マナさんは』
『いつになったら来てくれるのかな。それとも、マナはもう来ないつもり? そんなわけないよね……』
『マナが来るまで待ってるんだからね?』
『マナ? 本当に早く来て?』
『そろそろ二時間。早くマナに会いたいなー』
『マナさーん?』
『来て、くれるよね? 信じれるからね? マナ』

(本当にごめんね? 六花……)

 マナの瞳から、雫が頬をつたっていった。

『もうびしょ濡れ。寒いよ、マナ』

「……ほんとにゴメン」

     *

 翌朝の学校には、六花の姿がなかった。
 朝のホームルームで、風邪で休むとの連絡があったと、担任は言っていた。だけど六花が休んだのは、風邪だけのせいなんかじゃない。いや、そもそも六花に風邪を引かせたのだって、自分のせいじゃないか。

 ――マナの馬鹿!

 六花の叫びは今でも胸にきつく響いていて、一時間目の授業にはまるで集中できなかった。頭の中には、雨でびしょ濡れになりながら、泣きぐしゃった六花の顔が鮮明なまでに残っていて、責め立てるかのようにマナの胸を締め付ける。
(行かなきゃ……)
 どう謝ればいいのかは、わからない。
 しかし、このままで終わらせるわけになんていかないのだ。

「先生、今日は早退します!」

 マナは学校から駆け出した。


web拍手 by FC2




目次へ戻る 後編へ

inserted by FC2 system