病み六花の自己中が解放される時・後編



目次へ戻る 前編へ


(マナの馬鹿、マナなんて知らない。マナなんて……)
 六花はベッドにうずくまり、組んだ両膝に顔を埋めて、マナへの恨めしい気持ちばかりを煮つめていた。
 体が熱っぽくなって、どことなくだるい。
 学校には風邪で休むと連絡を入れたが、それ以上にマナに対する感情の方がよほどドロリとして、黒く煮詰まり沸騰している。体調など関係なしに、最初から学校へ行くような気分ではなかった。
 マナは酷い。
 他人には構っておいて、六花のことは放っておいた。
 酷い、許せない。
 腹の底から黒い感情が沸き立って、マナへの憎憎しい気持ちが膨れ上がる。
 そんな時だ。

 ピンポーン

 インターホンの音だ。
「六花! ゴメン! 昨日のこと謝りに来たの!」
 マナの声が、窓を通じて響いてくる。
 カーテンの隙間から覗いてみると、そこにはこちらを見上げるマナの姿があった。
 どうして、今更来るんだろう。
 来て欲しかったのは、昨日だ。
 昨日の待ち合わせ通りに時間に、ちゃんと来て欲しかった。
「お願い六花! 出てきて!」
 マナはきっと、そうやって六花が出てくるのを待つ気なのだろう。自分は待ち合わせ通りに来なかったクセに、安々と出てきてもらおうだなんて、虫のいい話だ。
「何でもするから! ちゃんと反省するから!」
 何でもする? 反省する?
(……そっか。私じゃなくて、マナがこっちへ来ればいいんだ)
 六花はゆっくりとカーテンを開き、窓を開いて顔を出す。
「六花! 本当にごめんなさい!」
 マナが自分に頭を下げた。
「許して欲しい?」
「もちろん、簡単に謝って済むとは思わないけど、埋め合わせるだけのことはしてみせるから!」
 そうか、埋め合わせてくれるのか。
 黒々とした重いがねっとりと糸を引き、腹の底を満たしていく。
「じゃあ、鍵を開けるから。マナ、で上がってきて?」
「うん、わかった」
 足をふらつかせながら、六花は階段を下りて一回へ。玄関の鍵を開けて、ドアを少しだけ開けて顔を出す。
「来て?」
「うん。お邪魔します」
 マナを家にあげた。
 そして、さりげなく廊下の前を歩かせ、六花自身はマナの後ろへまわり――

 ――ゴツンッ

 用意していた分厚い本で、マナの後頭部を殴打した。

     *

 頭がズキズキする。
 自分は一体、いつのまに眠っていたのか。確か六花の家へ行ったはずなのに、どういうわけかベッドの上で目が覚める。
「って、あれ? 六花の部屋」
 見上げた天井から、自分が六花のベッドで目覚めたことを理解する。
 それだけでなく、肌全体がすーすーする。やけに全身に外気があたるかと思えば、その体からは一切の服が取り払われていた。
「これって、私裸なの!?」
 服だけじゃない。下着まで取られていて、胸はおろかアソコを隠すパンツもない。
 マナはほとんど反射的に、乙女の恥じらいをもって身をよじる。太ももを刷り合わせるようにアソコを隠し、そして手と腕で恥部を多い隠そうとする。
 しかし――

 ――ガチャリ

 手が動かない。
 手錠だ。
 マナの両手は頭の上で封じられ、ベッドの柵へチェーンを通すようにして、逃げられないように括り付けられていた。
「まさかこれって、監禁?」
 マナは状況を理解した。
 人助けのために六花を放っておいてしまったから、そのせいで、逃げられないように捕まえられてしまったに違いない。それも裸で、きっと服はどこかに隠されている。目を動かして見回しても、部屋のどこにもマナの制服は置かれていなかった。
「あ、目が覚めたのね」
 部屋のドアが開かれて、六花が側へやって来る。
「り、六花? どうしてこんなことを」
 監禁されてはさすがに焦る。
 マナは冷や汗を流していた。
「だって、昨日はお店をまわれなかったでしょ? 雨だったから」
「それは……。確かにそうだけど」
 マナは気づいた。
 六花の目は今、ひどく病的に濁っている。表情にはどことなく陰りがあって、ずっしりと重たい感情の気配がある。きっと親友としての六花のマナに対する気持ちが、昨日のせいでどこか歪んでしまったのだ。
「だからね。今日はずーっと一緒にいよう?」
 どことなく病んだ声。
 そして、六花もまた服を脱ぎ、下着を外して全裸になっていく。
「り、六花?」
 何をいきなり、脱ぎ始めるのか。
 しかも、マナだって裸にされている。
 あらぬ状況にオロオロした。
「もうどこにも行かせない」
 一糸纏わぬ姿となって、六花はマナに覆い被さった。お互いの体が密着しあうようにと、六花は自分の肉体をマナへ押し付け、足を絡ませ、その首筋へ顔を埋める。きめ細かな肌へ吸い突いて、マナの皮膚を吸引する。
「っ! 六花? これって、ちょっと? ねえ六花?」
 首を吸われる。
 六花のあらぬ行動に、マナは困惑しながら呼びかける。一体、六花は本当にどうしてしまったというのか。どうして、こんなことをするのか。自分のせいだとは理解できるが、しかし裸でくっつき合うこの状況を、そう一瞬では受け入れられずにいた。
「マナって、こうしておかないとなんでも抱え込むんだもん。しばらくは人助けなんて禁止するわ。この両手も使わせない」
 マナを捕らえる手錠の輪を指先で撫で、六花はさらに首筋を吸った。自分の跡をいくつも刻みこむように、マナにキスマークを刻印する。
 皮膚の変色した吸引の痕跡が、いくつも刻まれて行った。
「こ、これが六花のしたいこと? 私をその、そういう風にしたいの?」
「だから、お店をまわれなかったでしょ? 埋め合わせがなくっちゃ、許せないわ」
 今度は乳首に吸い付いて、舌先が玉を転がす。
「んんっ」
 その刺激にマナはあらぬ声を漏らす。
「くちゅ、くちゅ」
 口から水音を立てつつも、もう片方の乳房を揉みしだく。手の平でじっくり形を味わうように、丹念なマッサージをしながら、人差し指を上下に動かし乳首を虐めた。
「んぁあ、あぁ……」
「こんなに乳首硬くしちゃって、可愛いのね」
 自分の体を指摘され、マナはみるみる赤く染まりあがる。
「り、六花? さすがにこういうのは……」
「何でもするって、言ったばかりでしょ」
 六花は乳首に吸いつきながら、その手を下へ。
 秘所へと伸ばし、割れ目をじっとりと指でなぞった。
「ひっ! 六花ぁ……」
 自分でもそうは触れないような大事な場所を、人の手で弄られている。その堪らない恥ずかしさと、思わぬ刺激に、マナは喘ぐような悲鳴をあげていた。
 自然と体が抵抗し、身をよじって逃げようとする。しかし、上から圧し掛かられていては脱出できない。手錠に捕らわれた両手の鎖がガチャガチャ音を立てるだけで、とてもでないがマナは逃げられる状況にはなかった。
「ヌルヌルしてきたわね。マナ」
 六花の指が秘裂を往復する。
「やっ、やめ……」
「やめてじゃないでしょ? 何でもするんじゃなかったの?」
 クリトリスを刺激され、電流のような快楽がほとばしる。
「ひあん!」
 マナは仰け反り喘いだ。
「これはお仕置きなのよ? 私が寒かった分だけ、マナのことも虐めてあげる」
「ひゃぁ、あぁ……」
「どう? マナ」
「駄目だよ六花、こんなこと……」
 分泌される愛液が六花の指を濡らしていき、マナはされるがままになっていた。
(六花にここまでさせるほど、私は六花のこと傷つけたの?)
 膣に進入しようとする指先の動きに、マナは一瞬緊張する。それはすぐに挿入され、六花の中指がそこに埋め込まれた。
「マナは私のもの」
 六花の指がピストンする。
「ひゃぁ、あぁぁ……」
「マナ、マナ――」
「あぁぁ……んん……」
「マナ、マナ、マナ――」
 六花はひたすら、マナの名を連呼している。
 きっと、ほぼ無意識に呟いているのだ。六花の目はマナの身体をむさぼることに夢中になって、クリトリスにまで触れ始める。
「ひゃぁあ!」
「マナ、マナ、マナ――」
 喘ぎながらも、マナの脳裏には六花から届いていたメールの数々がよぎる。

『マナ? 本当に早く来て?』
『来て、くれるよね? 信じれるからね? マナ』
『もうびしょ濡れ。寒いよ、マナ』

 六花の中では、雨に打たれながら待ち続けた昨日の孤独がまだ続いているのだ。一体どんな思いで六花はマナを待っていたのか。いつまでも現れないマナをそれでも来ると信じ続け、最後まで帰らずにいてくれた。
(六花、私はここにいるよ? もう寂しい思いなんてさせないから)
 六花がこんなことをしてくるのも、全ては雨の中での孤独の埋め合わせだ。かけがえのない親友だからこそ、ここまでしなければ開いた穴は塞がらないのだ。
 だからマナは意を決して、心の中から六花へと語りかけた。

 愛を失くした悲しい六花さん。
 あなたのドキドキ、この相田マナが取り戻してみせる。

     *

 マナなりに反省はしたのだろう。
 しかし、それでもマナは人助けに突っ走り、自分をすり減らしてしまう子だ。またいつ六花のことを放ってまで、どこかの他人を優先しないとも限らない。
 きっと、それだけ大変な目に遭っている人がいたのだとは思う。
 そこまでして放っておけない困った人がいたのは、昨日マナの顔を見ればなんとなくわかった。
 それでも――。
 昨日のような思いをいつまたさせられるかと思うと、もう不安で不安で仕方ない。どこかに縛って繋いでおきでもしない限り、マナは人助けのためにどこか遠くへ行ってしまう。
 そんな事を考えていた六花の心は、いつのまにか自己中心的な黒い感情に塗りつぶされ、そして六花はあらぬ行動に走っていた。
 マナを殴って気絶させ、服を脱がせて監禁した。
 目を覚ましたマナの体温を、六花は全身で味わっている。
「ひゃぁ! あぁん!」
 指の腹でなぞるかのようにクリトリスを刺激すると、マナは面白いように反応する。
「中身はどうなっているのかしらね」
 乙女の扉を指で開き、肉ヒダのピンクの色合いをじっくり眺めると、今度は恥ずかしさで悶死しそうなほどの堪らない表情を見せてくれた。
 こんなマナの姿を知っているのは自分だけだ。
 そんな優越感がますます六花を駆り立てて、マナのどこもかしこも撫で尽くさなければ気が済まなくなっていく。
 最初は六花の行動を受け入れられず、さすがに慌てている様子のマナだったが……。
「いいよ? 六花。好きにして?」
「え? マナ?」
 これには六花の方がきょとんとしてしまった。
「もうマナのこと一人にしないから、だから……」
 マナはゆっくりと目を瞑り、唇を結ぶ。
「まさか、マナ?」
 マナが今、何を許してくれているのか。
 静かに目を閉じたその顔から連想できる答えは一つしかない。
「うん。いいんだよ。好きにして」
 ドキンと、言葉が胸に響いた。
(マナ、もしかして私を? 今は私を助けようとしてくれている?)
 六花はその柔らかな頬に手を触れて、自分の顔を近づける。自分の髪がマナにかかって、鼻先同士が触れ合いそうになっても、マナは静かな表情を保ったままだ。
 乳房がぶつかり合い、柔らかく潰れあった乳を通じてマナの鼓動が伝わってくる。六花の鼓動も高鳴って、お互いの心臓の音が聞こえている、
(マナ……)
 そのまま六花は唇をマナへ押し当てた。
 柔らかい。
 ふわりとした肉の触感を味わい尽くす。
(マナ、大好き)
 舌を差し込むと、マナの口はそれを優しく受け入れる。
 二つの舌がねちっこく絡み合い、唇のあいだから唾液が糸を引いた。
「六花。もう二度とあんな思いはさせないからね」
「私こそゴメンね。こんなことでもしないと、私……」
「大丈夫だよ、六花。私だって、あのまま仲直りできないで終わるなんて、絶対に嫌だと思ってた」
「うん。もう怒ってない。ありがとね、マナ」
「大好きだよ? 六花。これからはもっともっと仲良くしようね」
 こんな事をした自分に大して、マナは太陽のように明るい笑顔を向けてくれる。普段は人に振り向かれている愛が、今だけは自分だけに注がれているのだ。それも、人助けの時なんかよりもずっと大きな愛だ。
「うん!」
 六花は今一度唇を押し当て、マナの温もりを味わった。

     *

 日曜日。
 あの時出来なかった買い物の待ち合わせで、六花は同じように腕時計を見ながらマナが現れるのを待っていた。
「まだかなぁ……」
 不安げに周囲の人混みを眺める。
 自分に向かって近づいてくる女の影が、こちらに向かって大きく手を振っているのに気だついた。
「お待たせ六花!」
「マナ! 今度はちゃんと来てくれたんだね?」
 ――まだ、待ち合わせより三十分も早い時間だったというのに。
「言ったでしょ? もうあんな思いはさせないって。行こう? 六花」
「うん!」
 二人、手を繋ぎながら歩き出す。
 その時だった。

「うえーん! うえーん!」

 子供だった。
 五歳か六歳か、そのくらいの男の子が一人で泣きぐしゃっている。なのに通行人は誰一人として子供に構うことなく、子供の前を冷淡に横切っていた。
(きっと迷子だ。でも……)
 マナは六花の顔を見る。
 また六花を放っておくなんて、できっこない。
 だけど、子供も放っておけない。
「行きなさいよ。マナ」
「え? でも……」
「助けたいんでしょ? しょうがないから少しだけ待っててあげる」
 呆れたと言わんばかりの表情で、六花はそう言ってくれた。
「本当にいいの?」
「よくないわよ。だけど、マナの事だから仕方ないでしょ」
 このまま子供を助けに行き、はぐれた母親を一緒に探せば、どれだけ時間を潰すかわからない。すぐに見つかればなんて事はないが、もしも中々見つからなかったら? そのときは、一体どれくらい六花を待たせることになるだろう。
 意を決して、マナは六花の手首を掴んだ。
「一緒に行こう? 六花」
「え? 一緒にって、私も?」
「そうだよ! もう六花に寂しい思いはさせない! その変わり、六花も私の側にいて? これからは、誰かを助ける時だって一緒だよ!」
「……うん!」
 二人は手と手を取り合いながら、子供の元へ歩んでいった。

 大好きだよ、マナ。
 大好きだよ、六花。
 


web拍手 by FC2




目次へ戻る 前編へ

inserted by FC2 system