アキラッキー輪姦


目次に戻る


  *アニメ第8話
   警官が駆けつけ逃亡後


 願いは二度と叶わなくなった。
 顔に醜い傷がつき、業界に居場所もなくなり、蒼井晶はもうモデルとして活動できない。自分にあったはずの撮影の予定も立ち消えになっており、もはや復帰は望めなかった。
 冗談じゃない。
 これでは誰も破滅できない。
 浦添伊緒奈を敗北させられないのだったら、こうなったらもうヤケだ。せめて腹いせに、あの二人の顔を自分と同じにしてやろうと思って呼び出した。連中だけでも目茶苦茶にしてやれれば、この腹の立った気分と顔に傷のついた惨めさを少しは晴らせるような気がしたのだ。
 だが、それも邪魔が入って未遂に終わった。どこの誰が通報なんてしたのか。それとも、たまたまパトロールしていたのかは知らないが、途中で警官が駆けつけてきたせいで、晶はやむなくその場を逃げ出す。
 小湊るう子も、紅林遊月も、どちらも傷つけられなかった。
 そして、伊緒奈も……。
 このやり場のない怒りはどうすればいいのだろう。
「畜生!」
 落ちていた空き缶を蹴飛ばす。
「どいつもこいつも調子こきやがって! いいよなぁ! あのモサい眼鏡は友達できねーだけだし、るう子はバトルゾッコンで遊月は禁断ラブラブチュ〜でよォ!」
 転がる小石を見つけ、また蹴飛ばす。
「笑いたきゃ笑えってんだよ畜生が!」
 行き場もなく彷徨っていた晶は、そこに廃墟の壁を見つけて蹴り始める。意味はない。ただ、何もかもに対する八つ当たりで蹴り続けた。
「糞が! 糞が!」
 晴れない恨めしさを晴らすために、足裏で執拗に蹴りつけ、晶自身の脚が消耗するほど八つ当たりを繰り返す。コンクリート製の壁はそれを淡々と受け止め、いくら蹴っても心のモヤはむなしく漂い続けた。
 そんな時である。
「お? なんか声がすると思ったら」
「女はっけーん!」
 ガラの悪い、いかにも素行不良といった男の群れがゾロゾロとやって来て、晶の周囲を取り囲む。一人喚き散らしていた女の声を聞きつけ、不良グループが興味本位で寄ってきたのだ。
「あぁ? なんだテメェら」
 晶は醜く顔を歪ませ、彼らを睨んで威嚇した。男達に囲まれた事実に対する恐怖はない。本来なら感じるべき恐怖より、自暴自棄になって誰かを傷つけたい思いの方が先行している。自分によからぬ暴力を企む男達を前に、恐れるよりもまず先に敵意や苛立ちのような荒い感情が剥き出しになっていた。
「おぉ、怖い怖い」
「なーに? この女」
「顔に傷あるんだけど」
 せせ笑うようにして、一人の男が傷を笑う。
 プチンときた。
 晶の中で感情的何かが切れ、気がついたら咄嗟にナイフを取り出していた。
「笑ってんじゃねェ! 糞チェリー共がァ!」
 気に入らない女の顔を抉るはずだった刃物で、自分をこき下ろす男に制裁を加えようとした。晶は好きでこんな顔になったわけではない。全てあいつらのせいなのだ。
「テメェら! その粗末なもん切り落としてやんよ!」
 晶はナイフを一閃させ、正面にいた男のその部分に真っ先に狙いを定める。
「うおっ――ぶねぇ!」
 だが、男は飛び退いた。ナイフは空振りに終わり、左右の男が晶を取り押さえようと飛び掛る。腕を伸ばし、掴みかかろうとする挟み撃ちを、晶もかわした。身を屈め、低めた姿勢から地面を蹴り、脚力の限りを込めて前へ飛ぶ。
「ウオラァア! 死ねやァ!」
 まさに、飛んでいるというべき勢いだ。猛獣が獲物を追うがごとく迫っていき、一瞬で間合いを詰めて突きを繰り出す。腹部を刺そうとしたのだが、男もまた手首を叩き、ナイフの軌道を逸らすことで回避した。
「ははっ! いいぜぇ? 元気な女はチョー好みだ!」
「ほざいてんじゃねーぞチェリー軍団がよォ! アキラッキー様が捌いてやるってんだから動くんじゃねーよ!」
 晶は腕をムチのようにしならせて、軽やかなスナップでナイフを一閃二閃。何十にも攻撃を繰り返し、男は後方へステップを踏んでいきながら避けていく。
「ほーら、こっちだこっちだ」
 男は余裕の表情で晶を煽る。
「おーう! いけいけ!」
「そんなナマクラじゃ切れないぜぇ?」
 周囲も観戦ムードになり、そこにナイフを持って暴れている人間がいるにも関わらず、軽いノリで応援を始めている。
「死ィィねェエエエエ!」
 雄たけび共に鋭い突きを繰り出す。
 だが――。
「うらぁ!」
 男はつま先蹴りを繰り出して、極めて正確にナイフを狙う。握り締めていたその手からナイフを弾き出し、宙へ放り出されたナイフは遠くの地面へ突き刺さった。
「おいお前ら! いい加減ヤっちまおうぜ!」
「おーう!」
 男達はテンションを上げ、遊びにノリノリになるような気持ちで晶を囲む。
「はぁああ? 寄るんじゃねぇよ童貞軍が! あたしに触りたきゃ一億出せや!」
 晶は喚き、伸ばされる手という手の数々に抗い暴れる。爪を付き立て、誰構わず引っ掻き、噛み付こうとする勢いだが、男達の力はそれを難なく抑えている。抵抗むなしく衣服を引き剥がされていき、晶が下着姿になるまでそう時間はかからなかった。
「んだテメェら! 汚ェ手で触ってんじゃねーぞ!」
「へいへい。っていうか、こいつ蒼井晶じゃね?」
「うわっ、本当だ!」
「すっげー! ホンモンじゃん!」
 著名な読者モデルを前に男達は一層テンションを上げていくが、中でも最も興奮しているのは、今の今まで晶と戦っていた男である。
「ウッヒャー! 俺もアキラっていうんだぜ? こーんなところで蒼井晶に会えるなんて、アキラッキー!」
 アキラは女のぶりっ子ぶった真似をわざとやる。
 晶を煽るために。
「ああん? 舐めてんのかオイ!」
「晶さーん。どうちたんでちゅか? そのお傷ぅ。アキラとっても心配ですぅ?」
「はぁああ? キメェんだよキモメンが!」
「キモいって言われちゃった。アキラはとーってもショックですぅ」
 男達は晶の両腕を押さえ、アキラは正面から覆いかぶさる。アキラは下着に包まれた乳房を揉み、ぐにぐにと指を躍らせ堪能し始めた。
「てんめぇええ! 揉んでんじゃねーぞ糞野郎!」
「ひゃーこわーい」
 そんな事を言いながら、アキラはブラジャーを剥ぎ取り生乳を露にする。
「おおっ、ぷるぷるじゃねーの」
「モデルさんは乳も別格じゃのう!」
「どれ、アキラさんが揉んでやるのじゃ」
 晶の胸を鷲掴みにして、弾力を味わうように指に強弱をつけていく。
「っざけてんじゃねーぞ! 性犯罪者どもがァ!」
「大丈夫大丈夫、アキラッキーが気持ち良くしてあげるから。ねっ、晶ちゃん」
 アキラは下へ手をやり、ショーツの中へその指を潜り込ませた。
「テメェエエ!」
 晶が激高する。
「ふへへ! いい顔」
「迫力あるねぇ」
 喚く晶の声にニヤニヤして、周りの男達も晶の全身を撫で回す。何本もの腕がまずは乳房を掴み、腹や腰を撫で、二の腕を触り始める。さらにアキラの指が秘所を愛撫し、体のいたる部分をマッサージされていく。
 その触り方は優しくねちっこく、晶を感じさせようとしている動きだ。
「やめろォ! 輪姦こいてんじゃねーぞ糞共がァ!」
 晶は顔を赤くしていた。男に見られ、触れられている事実とそれに対する怒りで、二重の意味で顔が染まって、晶は脱出しようと身をよじる。だが、どう体をくねらせても、幾本もの男の手を相手に脱出など不可能だ。
「ねぇねぇ、晶さんはその傷どうしたんですかぁ? そんな顔でモデルやっていけるんですか?」
 と、アキラ。
「っるっせぇ! 殺すぞ!」
 その晶の言葉に、男達は笑った。
「っははははは! 殺すってよ?」
「あれじゃね? ライバルに傷つけられたとか」
「怖いねー」
「けどよくね? 中二病じゃんその傷!」
「言えてる言えてる!」
 好き勝手に傷のことを口にされ、それは晶の逆鱗に触れた。目をこれ以上ないほどに大きく見開き、全てを射抜かんばかりの凶眼で周囲を睨む。
「アァン? だったらテメェらの顔にも同じファッションくれてやんよ! 喜べよ! 最強にカッケーだろうがよォ!」
 だが、もちろん不可能だ。ナイフは遠くへ蹴り飛ばされ、それ以上凶器を持たない晶に彼らを切り裂く手段はない。ただ強がり、威嚇するためだけに吼えている状態だ。
「アキラ遠慮しまーす」
 そう言って、彼は晶の秘所を嬲る。
「――っ! テメェ!」
「何? 感じたの? 感じちゃったの?」
「ハァ? 何が悲しくてテメェの臭ェ指でよがるっつーんだよオイ! 下手糞すぎて痛ェくらいなんだよ!」
 その言葉に笑うのは、胸を揉みしだいている男である。
「その割には乳首が立っちゃってるねー」
「あぁん!?」
「ほれほれ、どうなのよ? コレ」
 その指が乳首を弄る。硬く突起したそれをねちっこく摘み上げてはピンと弾き、捏ねるようにして刺激する。
「このぉォォオ……!」
 晶は低く呻き、何かを堪えるような顔で歯を食いしばった。
「お? 耐えてる耐えてる」
「こっちはどうかな?」
 アキラはさらに秘所への愛撫を活発化し、丁寧に縦筋をなぞり、肉貝を揉む。蜜が滲んで、少しずつ湿っていき、しだいにアキラの指に愛液が絡み始めていた。
「……や、やめろォ!」
「んなこと言って、濡れちゃってるんだぜ?」
「濡れてねェよタコが!」
「じゃあ、これは何かなぁ?」
 指先に絡め取った滴る汁を見せ付けて、わざとらしく晶の頬へ塗りつける。
「やめろっつってんだろうが!」
 その指に、晶は食いつく。噛み付いて、あわよくば食いちぎることまで考えたのだ。
「おっと」
 しかし、アキラは即座に手を引っ込める。
 そして。
「さーて、ではいよいよ! おパンツを脱いじゃいましょうかねぇ?」
 アキラがパンツに手をかける。
「っざっけんじゃねーぞ性欲モンキーが!」
 晶は足をじたばたさせるが、両足首を掴まれる。そのあいだにアキラの手で引き下ろされ、ついに晶は一糸纏わぬ姿となるのだった。
「晶ちゃんご開帳ー!」
 両足を広げられ、腕も押さえられているので、大事な部分を隠せない。舐めるように見てまわされ、羞恥と屈辱が晶の胸に膨れ上がった。
「てんめぇえええ! 殺されてェのか!」
「ははっ、やれるもんならやってみろよ!」
 アキラはご機嫌な顔で入り口へ当て、晶の膣口へ亀頭を塗りつける。
 晶は強張り、顔を真っ赤にしながら怒鳴り出す。
「野郎ォォ! 殺す! ゼッテー殺す!」
「おうおう、やってみろ! 早くしないと入っちゃうよ?」
 腰が押し出され、亀頭の先端が膣へ埋まる。
「やめろっつってんだろうがよォ! ああん!?」
「やめましぇーん」
 アキラは有無を言わさず腰を沈めた。
 あっさり入った。
 蜜のたっぷり溢れたソコに肉棒はにゅるりと入り込み、根元まで埋まり込む。
「あーあー入っちゃいましたねぇ? 晶ちゃーん」
 満悦の表情を見せながら、アキラは腰を振り始めた。
「ヤロォオオ! 抜け! 抜きやがれ!」
 挿入され、腰振りが始まったことで、晶の身をよじるような抵抗はより一層激しくなった。いくらもがいても、男の力を前に暴れることすら出来ていないにも関わらず、晶はそれでも身体をくねらせ続ける。
「ほれ! ほれ!」
 アキラが腰を振る。
「――んっ、んぁ……やろぉ……! あん!」
 晶は喘いでいた。男達に囲まれて、いいようにされているこの状況に反応し、こんな暴漢を相手に体がカッと熱くなる。
 その殺意にまみれた表情は、確かに敵の首元に食いつかんばかりの目つきではあるが、そんな表情の中にも微妙に瞳のとろけるような官能の気配が現れている。
「――あっ、あぁ! やめ――このぉ……!」
 晶は感じていた。
 この状況に、犯されているという事実に。
「あっははは! 感じてやんの!」
「――ぬ、抜けぇ! テメェの粗末なモンなんか痛ぇだけなんだよ糞が!」
「あ? 俺も気持ちいいよ? 晶ちゃんのナカはとってもヌプヌプでアキラブリーだよ? ははは!」
「てめぇぇえ! ――ひっ、ひあぁぁ……あん!」
 弓なりに動く腰に貫かれるたび、晶はその都度仰け反った。
「ほらほらぁ? こんなに感じちゃえるなんて、晶ちゃんもアキラッキーなんじゃないの?」
「っるせえ! ――あ! あぁ……!」
 肉棒の出入りによる膣壁への摩擦で、晶の秘所は熱く熱く疼いていく。
「――あっ……くっ……あぁ…………!」
 快感が溢れ出し、嫌でも声が出てしまう。感じていることを認めるのも、喘ぎ声を聞かれるのも堪らなく嫌で、晶は歯を食いしばって声を堪えた。
 決してこんなことを受け入れたわけではない。
 それなのに、体は素直に反応してしまうのだ。
「おらおら、もっと楽しみなよ」
「――ち、畜生! 畜生がァ――あっ、ああ! あぁ……!」
 晶は髪を振り乱す。
「あ、そうだ! 晶ちゃーん。せっかくこうしてラブラブしてるんだから、俺ってばお金払っちゃおっかなー」
「アァ?」
「一人一万でどーよ。儲かるぜ?」
「一万……? あっ、ふぁぁああ……!」
「ははっ、今迷った! ゼッテー迷った! 一万なんて払うわけないじゃん!」
「んだと? テメェ人からかって楽しいかよ!」
「あーでも、一人百円くらいなら惜しみなく払っちゃうかもしれないなァ! ははは!」
「――っのやろォ! おっ、おあっ、ああん!」
 アキラの腰振りは楽しげだった。執拗に喚き、吼えてやまない晶の声を聞きながら、愉快そうに腰を動かし快楽を味わっている。
「ほーら出すぞ? どこに欲しい? 言ってみろよ!」
「ざけんなァ……! 誰が――んなこと――」
「じゃあ、中でいいな?」
 アキラは腰を速める。
 迫り来る射精の予感に晶は大いに慌てた。
「て、てめぇ! ガキ出来たらどうしてくれんだ! 泣き寝入りしねーぞ! テメェら全員訴えんぞ!」
「ざんねーん出しまーす!」
「テエェ! テメェエエ! ヤメロォオオ!」
 絶叫だった。
 喉が張り裂けそうなほど、鼓膜から脳に響くほどの声が張り上げられ、晶は全力でもがいた。自分を抑える幾本もの手から脱出しようと躍起になり、それでも抵抗はむなしく、逃げる試みは叶わない。
 そして――。

 ドクン――ドクドク――ドピュン!

 それは顔射だった。
 アキラは咄嗟に肉棒を引き抜き、一物を顔に近づけ晶の顔を白濁で汚したのだ。
「な……な……」
 晶は動揺したような安心したような、どちらともつかない顔で目をぱちくりさせる。本当に中に出されるものとばかり思ったが、子宮に注がれなかったことはよかった。だからといって顔にかけられたことを許せるわけでもなく、次に晶の中に沸き起こる感情はやはり怒りと憎悪であった。
「人の顔に! テメェ!」
「ははっ、中出しって思った? しないしない。だって、次の人が挿入するのに困るじゃねーか」
「次だと? もう出したろうがよォ! ヤリチンが!」
「え? 俺しか出してないけど? ま、全員の相手が済むまで頑張れや」
 そしてアキラは一物をしまい、後退して押さえつける係と入れ替わる。次の男がチャックを下げ、遠慮もなしに挿入した。

「テメェらぁ! 許さねェ! ゼッテー許さねェ!」

 晶は最後まで、快楽に身悶えしながらも喚き続けた。体が感じることはあっても、自分にこんな仕打ちをする男達への敵意や憎しみが消えるわけではなかった。




目次に戻る

inserted by FC2 system