変態グレファー杏子を襲う


目次に戻る

  性欲がたぎり、グレファーはその目をギラつかせた。
 その女子生徒――真崎杏子のパンツが真下のアングルから覗けた瞬間、股間のソレはただならぬ硬さとなって勃起したのだ。もはや女を襲う以外にソレを沈める方法は思いつかず、グレファーは彼女の肉体を貪ることを心に決める。
 ――気づけ! 俺に気づけ!
 廊下を通り抜けようとしていた杏子だが、念じることで彼女に自分の気配が伝わって、グレファーは自分の存在に気づいてもらうことに成功した。
「何これ、戦士ダイ・グレファー?」
 杏子は首をかしげながらもカードを拾う。
 そう、グレファーの魂が宿ったカードを……。
「落し物かしら? イヤァ!」
 カードは発光した。
 まるでイラスト枠が照明と化してでもいるかのように、真っ白な輝きを放つ。そして、ただ一枚のカードから吸引の風が吹き荒れて――。
 光がやむ頃には杏子の姿は消失していた。
 戦士ダイ・グレファーのカードを残して……。

     *

 真崎杏子が目を覚ましたとき、見知らぬ光景が広がっていた。
 岩で出来た壁に鉄柵。牢屋にでも閉じ込められているような状況に杏子は身構える。今まで学校の廊下にいたはずなのに、ここは一体どこだろう。何が起きたというのだろうか。
 まるでお城の地下にでもあるような牢獄で、とても近代的な作りとは思えない。誰かに連れ去られたにしても、閉じ込めるために中世的な舞台を用意するものだろうか。
 鉄柵の外に人影が現れ、鍵束を使って鍵を開く。
「一体誰? ここはどこなの?」
 杏子は恐る恐る問いかける。
「目が覚めたか」
 歩み寄ってくる影が実体を現し、杏子の目の前に姿を見せたのはグレファーだった。
「デュエルモンスター!? どうして実体があるのよ」
「俺は特別な魂を持っていてね。人間の女と交わるために、カードの空間に閉じ込めさせてもらった」
「カードの空間って……。っていうか何よ交わるって!」
「つまり、こういうことだ」
 グレファーは己のたくましいブツを見せつけ、ゆったりとした腰つきをもってブラブラさせた。勃起物を綺麗かつ規則的に揺らす彼の姿はまさしく変態であり、杏子が悲鳴を上げて顔を覆うのも無理はない。
 変態グレファーが歩み寄る。
「こ、来ないで!」
 杏子は必死に後ずさろうとするが、逃げるための場所がない。狭い部屋の中ではせいぜい隅へ下がるのが精一杯で、当然それではグレファーの魔の手からは逃れられない。むしろ追い詰められる結果となり、グレファーは角っこへ下がる杏子へ迫っていった。
「ほれほれ、もっと俺のを見ろ」
「来ないで変態!」
 杏子はグレファーに抵抗し、男の球を蹴り潰そうとする。
 だがその足首を掴まれて、持ち上げられた。スカートなのに足を上げられては、中身が見えそうになる。杏子は慌てて手で押さえ、もう片方の足で蹴りつけようとした。
 しかし、受け止められた。
 足を二本とも取られたことで、杏子は足首を両方とも持ち上げられることになる。地面にお尻が付いた姿勢で両足が上だ。杏子は卑猥な開脚を強要される形となり、スカートの布が持ち上がって中身をはっきりと確認できた。
「ほーう? 薄ピンク色か」
「見るな変態! 離しなさいよ!」
 杏子は喚き散らして手で隠すが、たった一秒見えただけでもグレファーはパンツの柄を目に焼き付けている。少しでも見えた時点で手遅れだった。
 しかも、ほとんどM字開脚といってもいい姿勢だ。いくら手で隠していても腿でスカート丈が持ち上がるので、太ももはまんべんなく丸見えとなる。角度しだいによっては腿とお尻の付け根を覗くことも難しくはない。
 卑猥な体勢で大事な部分だけは手で隠す。そんな杏子のポーズにはそそるものがあり、パンツが見えようと見えまいと、どちらにせよ色香があった。ほどよくムチっと柔らかい太もも、ピンクのブレザーを大きく盛り上げる豊かな胸、赤らんだ顔、全てがグレファーの野獣本能を刺激する。
「表の方には花柄らしき装飾が刺繍されていて、白い小さなリボンがついていた。開脚で股が伸びていたせいか、肉の貝がはみ出そうで出ないというきわどさががあったぞ」
「変態……!」
 パンツの柄を声に出され、杏子は顔を真っ赤に染め上げた。頬を紅潮させつつ顔を逸らす動きはさらにグレファーを興奮させ、勃起物に元気を与える。
「ほれほれほれ!」
 グレファーは肉棒をブラブラさせ続ける。
 両足を掴まれ、腰の横へ抱えられている状態だ。それなりの至近距離でペニス揺らしを見せつけられることになるので、杏子はまともに正面を向けなくなる。
 必死に顔を逸らしていると、頬にプニっと押し付けられた。
「いい加減にしなさいよ! 何なの一体!」
 首を逸らして逃げようとするが、部屋の角なので逃げ場はない。
「なら、ここから出たいか?」
「当たり前よ!」
「ここはカードの中の空間だ。お前を外に出せるのは俺だけ、俺の言う事を聞けば無事に帰してやるぞ」
 完全に優位な立場からの要求である。杏子からすればグレファーが約束を守る保証はなく、そもそも無理矢理されてはどうしようもない。
「何よそれ……卑怯者……!」
 杏子はそんなグレファーをののしらずにはいられなかった。
「いいぞ? その言葉! もっと言ってみろ!」
 プニッ、プニッ、プニッ。
 グレファーは亀頭を執拗に押し付け、頬を何度もつついてくる。繰り返し頬を潰されているうち、先走りの透明汁が糸を引いた。
「くぅっ、遊戯……」
 杏子は彼の顔を思い浮かべた。自分のピンチにどうにか気づいて、ここまで助けに来てもらえないだろうか。そんな望みを抱いてしまう。
「助けでも待つか? お仲間さんが果たしてこの異空間までやって来れるかな?」
「そ、それは……」
 千年パズルを持つ遊戯なら、きっとここまでやって来れる。
 しかし……。
「仮にやって来れる仲間がいたとして、果たしてお嬢さんのピンチに気づくかなあ?」
 確かに時は放課後だったので、いなくなったことに気づいてもらえるかはわからない。普通なら先に帰ったと思うだけで、まさか杏子のこんな状況までは想像しないだろう。
 仮に杏子がいないことに気づき、みんなで探してくれていたとしても、助けが間に合う保証はない。カードに閉じ込められている事実に辿り着くまで、一体どれほどかかるだろうか。いや、まずそんな事態を想像してくれるだろうか。
「どうする? こうしよう! 言う事を聞くなら、あとできっちり解放しよう。ただし、来るかもわからない助けを待つなら、俺はその前にお前を犯す。仲間が助けに来ない限り、ずーっと俺の性奴隷になり続けるのだ!」
 最悪の選択肢だ。
「……嫌よ。こんなことはやめて? どうしてもしたいんなら、ちゃんと誰かに受け入れてもらってからにしなさいよ」
「言う事を聞いてくれるつもりはなさそうだな! つまり、強引にして下さいってことだ! いいだろう! 思う存分に犯し尽くしてくれるわ!」
 グレファーは杏子の両足を引きずるようにして、杏子を仰向けにさせる。両の太ももを押し上げることでM字開脚を維持させ、すると杏子もスカートのガードを解けない。
「フヒヒヒヒ! ええ体だのう!」
 グレファーは杏子の上から下までを鑑賞する。
 さらに身体を押し付けて、股を閉じさせないようにした。のしかかってくるグレファーを杏子は押しのけようとするが、男を突き飛ばすなど到底できない。
「やめなさいってば! この! この!」
 手を拳にして叩いても、グレファーには全く通じなかった。
「ほらほら、おマンコばっかりガードしてたらオッパイががら空きだぞ?」
 興奮しきった高い声をあげながら、グレファーは杏子の乳房をタッチしてくる。片手はアソコを守るために残していたので、腕で防ごうとするもあっけなく手首を掴まれ地面に押し付けられる。ガードを失った胸はあえなく揉まれてしまった。
「このぉ、こんなのって……!」
 ブレザー越しとはいえ、こんな変態に揉まれるのは屈辱である。
「ええオッパイだ! 柔らかくてサイズも最高だ!」
「やめてったら!」
 揉んで来るその腕を叩いても、やはりグレファーは動じない。ひたすらニヤけた顔をして、手の平全体で胸の柔らかさを味わい続けた。
「そろそろ生オッパイを頂こうか」
 グレファーはブレザーをボタンごと引き裂き、ワイシャツと下着をも剥がして生乳をあらわにした。
 たわわな胸がプルンと揺れ、グレファーは舌なめずりをする。豊満な胸はまるで白い果実で、頂点にポツンとそびえる桜色の突起が食欲を刺激する。一種のディナーを前に、ヨダレを垂らさずにはいられなかった。
「ほらほら、ガードしないと生で揉まれちゃうぞ? それとも、残った手は最後までおマンコを守るのに使うのかな?」
「くっ……最低!」
 杏子はもがくが、地面に押し付けられた腕は動かない。残る片腕でのガードを試みるも、体重を駆使して封じられ、直接揉まれることとなった。
 しなりある指が乳房に食い込み、柔らかな変形を繰り返す。
「いいぞぉ……最高だぁ……」
 それでなくとも本能にまみれていたグレファーだが、もはや完全に理性を失っている。じっくり、たっぷりと指全体を使って揉みしだき、時には乳首を摘んだりつついたりといった愛撫を繰り返す。
「やめてったら! 自分が何してるのかわかってるの?」
「可愛い杏子ちゃんとプレイの最中だよ。ハァハァ……」
 グレファーは可憐な乳首に吸い付いて、甘噛みを交えつつ舌でつつくようにして苛め抜いた。
「い、いや……駄目……」
「チュ、チュゥゥゥゥ〜〜〜」
 唇のあいだから、唾液を吸い上げるような嫌な音が立つ。
「やめてぇ……」
「びやぁああ美味いィィィイ!」
 グレファーは淫猥な笑みを浮かべ、何度も何度も頭を埋めてくる。乳首をベロベロとなめずり、執拗なまでに揉みしだいた。
「助けて……遊戯ぃ……」
「グフフ、助けなんか来ないんだよ!」
 グレファーは下腹部へ手を伸ばし、恥丘を愛撫する。
「やめて、そこだけは……」
 杏子の懇願も届くことなく、容赦なく縦スジを摩擦されていく。しだいに粘りある液が分泌され、グレファーは布をずらして肉棒をつきたてた。
「ふふふ、交わろうぜ」
「いや、いや……」
「イヤよイヤよも好きのうちなのさ!」
 グレファーはゆっくりと腰を沈め、杏子の肉壷へ杭を埋め込んだ。生温かい肉壁の締め付けがペニスを刺激し、まるで皮膚が溶けて沸騰するかのような快楽を味わう。肉棒と膣壁が溶け合い絡み合うような錯覚に高ぶって、グレファーは獣のように腰を振る。
「いやぁ! こんな、こんなの――! 遊戯ぃい!」
「ははっ! 初めての相手はこのグレファー様だぁ!」
 腰を振るたびに杏子の身体には振動がわたり、豊満な乳房がプルプルと上下する。
「あ! 駄目ぇ! 抜いて! 抜いてぇえ!」
 杏子は髪を振り乱しながら懇願するが、もちろん聞くわけがない。
「気持ちいいんだろ? 犯されて気持ちよくなってるんだろ? 素直にアンアン喘ぎ声を出せばええじゃないか! オッパイもプルプルだぞ?」
「お願い抜いて! 抜きなさいよ!」
「ほらほら、気持ちいいと言え!」
 ピストン運動は加速して、激しい猛獣の腰振りとなっていく。愛液と破瓜の血が混じりあい、ペニスの抜き差しに応じるようにして、クチュクチュと水音が反響する。石造りの牢獄だけあって、響きは彼方まで届いていた。
「気持ちよくなんて! んぐっ――!」
 杏子は両手で顔を掴まれ、唇を貪られた。反射的に口を固く閉じようとするも、グレファーは強引に舌をねじ込み、杏子の口内を犯し尽くす。歯と歯がぶつかり合って、舌と舌が絡み合い、唾液同士が糸を引く。
 肉棒の根元から射精感が込み上げ、グレファーには絶頂が迫ってくる。
「出すぞ? 俺のミルクを飲み尽くせ!」
「いや! いや! いやぁぁああ!」
 杏子は必死に抵抗したが、もはや遅い。
「さあ飲むんだ! 俺のミルクをォ!」
 ――ドクッ! ドクン! ビュルゥ! ドクン!
 熱い白濁を盛大に吐き出され、肉棒の刺さった隙間からはドロリと白い液が溢れてくる。まぎれもない中出しのショックで杏子は放心し、諦めたように力尽き、言葉なき人形となってだらりと倒れた。
「これでお前は俺の性奴隷だぜ? 杏子ちゃん」
 グレファーはじゅるりと舌をなめずり、放心した杏子を抱き枕に、その頬をベロベロとなめ尽くした。
   

  web拍手 by FC2

目次に戻る

inserted by FC2 system