エロペンギン時空を超えて〜天上院明日香〜


目次に戻る

 ぐふふっ、私はペンギンナイトメア! 時空を超えてデュエルアカデミアのブルー寮へ足を踏み入れ、バーチャル 空間で集めた情報を元に狙いの相手の元へ向かいます。
 部屋の前まで辿り着いたとき、ちょうど扉が開かれました。
「あら? ペンギン? どうしてペンギンがこんなところにいるのかしら」
 私の狙い、天上院明日香は私を前にきょとんと目を丸めます。
 さて、強引にいくのもいいですが、ここは言葉を喋れない普通のペンギンの真似をしてみましょう。
「クェッ、クェェ!」
 私はペンギンらしい鳴き声を出してみます。
「よくわからないけど、迷子かしら。デュエルモンスターにも見えるけど、異世界の住人みたく言葉は話せないのか しら?」
「クェッ、クェツ!」
「話せないのね。まあいいわ、私があなたの飼い主を見つけてあげるから、とりあえず今はウチへいらっしゃい」
 どうやら明日香は、私を迷子のペットと勘違いしたようです。もっとも、勘違いをしてもらうことこそが私の作戦 であるので、むしろこれで成功なのですがね。
 その後、しばらく明日香は私と戯れることを楽しみます。猫や犬とじゃれあうような感覚で、私を可愛がったので しょう。
 それから、「あなたの飼い主に心当たりはないか、みんなに聞いて回ってくるわ」と言って、一時的に部屋を出て 行きます。特にすることもないので下着を漁って柄や色を観察し、バレないよう早めに畳んで片付けなおしました。  夕方になって戻ってきた明日香は、申し訳なさそうな顔でこう言います。
「ごめんなさい。十代達にも頼んで手伝ってもらったけれど、みんなあなたに心当たりはないみたい。でも、まだ聞 けていない相手もいるから、きっとその中に飼い主がいるのよね。また後で探しに出るから待っていてくれないかし ら」
「クェ〜!」
 私は頷く素振りを見せてやります。
 すると、明日香は私の頭を撫でました。
「いい子ね。これからお風呂に入るけど、あなたも一緒に入る?」
「クェ! クェ〜!」
 来ました来ました、私はこの瞬間を待っていたのです!
 さあ、浴室の前で私はペンギンナイトメアとしての衣装と帽子を脱ぎ去ります。
「あら、ペンギンなのに器用なのね」
 衣服の着脱が出来たことに驚いているのでしょう。ただのペンギンのフリをしているのですから、びっくりするの も無理はありません。明日香は私に関心しました。
 お次は明日香も脱ぎ始めます。
 ブルーの制服をはらりと落とし、腰からスカートを下ろしていきます。そして背中のホックを外してブラジャーを 外し、パンツを下げて足から引き抜きました。
 ぐふふっ、女性の素肌が少しずつ見えてくるのはたまらない光景です。
「さ、入りましょう?」
 私をただのペンギンと思っている手前、羞恥心はないのでしょう。年頃の少女といえど、犬や猫の前で裸になって もさほど恥ずかしくないでしょうからねえ。
 しかし、楽しみはこれからですよ。んふふっ!
 明日香は私にシャワーを浴びせ、石鹸で洗いました。
 それから、自分の髪と体と洗い終わり、一緒に湯船へ入ります。
 ここで私は、明日香の大きなオッパイに顔を埋めました。
「やっ! もう、へんなことするのね」
 明日香は呆れたような顔をしました。ペンギン相手ではまだ恥ずかしくないのでしょう。
 私はヒレのような手でオッパイを揉み、クチバシで乳首をつんつんしました。これはさすがに恥ずかしいようで、 「あなたねえ、調子に乗ると怒るわよ?」と言ってきます。本気で怒りを見せているのでなく、子供に言って聞かせ るかのような口調でした。
 しかし、私はその程度では止まりません。
 明日香の大事な秘所へ手を伸ばし、愛撫してやりました。
「ちょっ、ちょっと! 何をするの?」
 ペンギンがこんなことをしてくるとは思わなかったのでしょう。
 驚き戸惑っているところへ、私は追い討ちをかけるようにして舌を突き出し乳房をベロリと嘗め回します。
「もう! 調子に乗りすぎよ!」
 明日香はたまらず私を押しのけようとしますが、残念ながら私の方が力は強いのです。私は押されようともびくと もせず、愛撫を続行しました。
 水中へ潜り、アソコにクチバシを当て、クリトリスに向けて振動させます。
「いやぁ! ちょっと! よしなさい!」
 明日香は喘ぎ始めます。
 私は舌でペロペロと性器をなめずり、舌先を膣へ侵入させました。
「ヘンなことばかり……。なんていやらしいペンギンなの?」
 ペンギン相手であろうと、ここまで来ると恥ずかしいようです。顔を真っ赤にしながら、どうにか私を手で押しの けようとしますが、私は微動だにせず責めを続けます。
 いよいよ、私は股間を押し当てて人間と同じ肉棒を生やしました。それは膣に忍び込み、明日香の中を突き上げま す。
「え? これって……! お願いペンギンさん! それをすぐに抜いて頂戴!」
「ぐふふっ、抜くわけがないでしょう天上院明日香!」
「しゃ、喋った……!」
 私は腰振り運動を開始して、明日香をよがらせました。
「あっ、あぁん! やめてぇ!」
 手ではオッパイを揉み、クチバシから伸ばす舌で唇を頂戴します。
「んぐっ!」
 口に私の舌が入った明日香は、この状況から逃れるべきもがきますが、私の力が強いために振りほどけません。
 私は膣の奥を突き上げまくり、遠慮なく射精しました。
「ハァ……ハァ……。あなたはただのペンギンじゃなかったのね」
「今頃気づいても遅いのです! さあ、もっと楽しみましょう!」
 二回戦を開始し、明日香を再びよがらせる。
 私はこうして、長時間にわたって明日香を犯しつくしました。




目次に戻る

inserted by FC2 system