青眼乙女をエロスの対象に選択!

目次に戻る








 決闘において、<青き眼の乙女>は高い能力を持っている。
 攻撃対象にされた時、その攻撃を無効にして<青眼の白龍>を特殊召還する。
 さらにカード効果の対象にされた場合も、やはり<青眼の白龍>を呼び出せる。自分のカードだろうと相手のカードだろうと、とにかく対象に取られればいい。ただそれだけで攻撃力三千のモンスターを召喚できるのは、中々に驚異的といえた。

     *

 プレイヤーは先行でその<青き眼の乙女>を召喚した。フィールドにはロングヘアーの乙女が実体化し、モンスターゾーンにゆったりとたたずむ。上下一体の衣装から豊満な胸がプルンとたわみ、尻は腰から丸く突き出ている。
 攻撃対象にすれば攻撃は無効化され、さらにブルーアイズを呼ばれてしまう。打開策を引き当てられたかったのだろう。それを警戒した相手プレイヤーは守備を固めるに留まり、攻めずにターンを終わろうとしていた。
 そこで、プレイヤーは伏せカードを発動した。
「このエンドフェイズに<スキル・サクセサー>を発動!」
 攻撃力を上昇する効果を持つそのカードは、イラストにバーバリアンの姿が描かれている。パワーを注入するためか、二体のバーバリアンがカードから実体化し、<青き眼の乙女>を取り囲んだ。
「これもブルーアイズを呼び出すためだ。わかってくれ」
 プレイヤーはモンスターに語りかける。
「はい。私なら大丈夫です」
 <青き眼の乙女>はにっこりと微笑み返した。
 彼女はプレイヤーの忠実な僕(しもべ)なのだ。
 バーバリアン一号二号が乙女に迫る。
 獣人のような姿の二体はそれぞれ乙女の乳を揉み、尻を鷲掴みに捏ね始める。サンドイッチ状に前後を挟まれた乙女は全身を撫でまわされ、太い指でいたるところを愛撫される。露出した肩の隙間から手を入れられ、内側の生乳を背後の<バーバリアン一号>がじっくり揉み込んだ。
 <バーバリアン二号>は上下一体の彼女の服を捲り上げ、秘所をねっとり弄くりまわす。下着に毛深いその手を潜り込ませ、膣口に指を出入りさせた。
「んっ、くはぁ……」
 <青き眼の乙女>はこれを抵抗無く受け入れていた。何故なら、主のカード効果の対象に選んでもらうのは、<青眼の白龍>を呼び出すための神聖な儀式に他ならない。欲望を受け止める事で、そのための魔力を得られるのだ。
 一号に背中を押され、後ろに尻を突き出す姿勢にされる。一号は目の前の割れ目に亀頭を塗りつけ、剛直が秘所に押し込んだ。
「あぁ……! 太い、太いです!」
 二号は口元に先端を押し当てて、無言で口淫を求めてくる。
「あむっ」
 乙女は口内に咥え込み、二本の肉棒を受け入れた。
「んっ、ん……んん……!」
 一号は豪快に腰を振り、尻に強く腰を打ちつけた。十分に濡れていたそこは出入りの度に水音を鳴らし、太ももに愛液をつたわせる。
 二号は頭を押さえつけ、自分の一物を丹念に舐めさせていた。乙女は健気に舌を使い、主の勝利を祈りながら、亀頭にたっぷり唾液をまぶす。膣に太いものを感じながら、出させよう出させようと懸命に舌で舐めまわした。
 やがて二体は限界に達し、それぞれの精液を放出する。
「んぐっ!」
 口内に白いコーティングを巻き散らされ、膣内にもたっぷりと注ぎ込まれた。口内の白濁は飲み込むが、股から垂れるものは止められたい。まるで閉じかけの蛇口から水滴が垂れるかのように、白い雫がポタポタとこぼれ落ちていた。
「はぁ……はぁ……。マスター、ブルーアイズを」
「ああ、デッキから<青眼の白龍>を特殊召喚!」
 フィールド上に気高くも美しい龍が舞い降りる。エンドフェイズ時に行った召喚だ。すぐさまターンは移り変わり、主のドローフェイズとなる。
「俺のターン! さらに、墓地からトラップ発動! <スキル・サクセサー>は墓地から除外した場合にもその効果を発動する!」
 再び二体のバーバリアンが現れて、今度は一号二号で前後を入れ替わって挿入してきた。
 二号の肉棒が膣壁を抉り、一号のものが口内を侵略する。やがて精を吐き出され、そして二体目の<青眼の白龍>が召喚される。墓地からでも発動できるからこその連続召喚コンボだった。
「二体のブルーアイズで攻撃!」
 プレイヤーは壁モンスターを破壊して、相手に直接攻撃を通すことに成功した。
「お前のおかげでいきなりデュエルが有利になったぜ。ありがとな」
「いえ、マスターの勝利に役立つのが私の務めですから」
 <青き眼の乙女>は健気に微笑み返す。
 その姿は儚いながらも色めいたものだった。二度の性交でよがったせいか、顔は赤く火照っている。布地から乳首が浮き出て、膝がガクガク震えている。秘所に残った余韻を押さえるように、両手で股を押さえていた。その姿は、ちょうど混雑したトイレの前でオシッコを我慢する姿によく似ていた。
「調子に乗るな! 俺のターン!」
 次のターンでは相手も攻撃力の高いモンスターを召喚し、ブルーアイズを上回る攻撃力で仕掛けてくる。青眼一体が戦闘破壊されてしまった。
「チッ、俺のターン! <禁じられた聖槍>を発動!」
 乙女の手元に聖なる槍が出現する。
「これを……使えばいいのですね」
 槍を両手に握り、跨るようにして秘所にあてがう。テコの原理のように後ろを地面に、まるで自分を股から持ち上げるような力の入れ方で、棒部分を貝に綺麗にフィットさせた。腰を前後に振るい、棒に愛液を塗りつける。波打つように動く乙女の腰つきは、牡を誘って快楽を貪る牝そのものに見えた。
「マスターの勝利のために……」
 熱い吐息を漏らして自慰にふけり、摩擦の快楽を感じ取る。バーバリアンに挿入された余韻もあり、やがてまともには立てなくなり、乙女は槍で身体を支え始めた。
「よし、これでさらなるブルーアイズを召喚!」
 二体の青眼がフィールドに揃う。
「八ツ星モンスター二体でオーバーレイユニットを構築! エクシーズ召喚! 現れろ! <サンダーエンド・ドラゴン>!」
 そのモンスターはエクシーズ素材を一つ使うことで、相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。敵モンスターを一層するも、攻撃は<バトルフェーダー>によって封じられた。
 それから、デュエルは接戦となる。
 乙女は毎ターンのようにカード効果の対象にされ、その度に<青眼の白龍>を呼び出していた。二枚目の<スキル・サクセサー>の連続発動で三度目、四度目に渡る二穴攻めを受け、執拗に前後の穴を使われた。<禁じられた聖槍>で槍を持たされ、オナニーを披露した。時には魔術書のような装備を片手に、卑猥なページを見ながら右手で秘所を貪ることさえあった。
 こうして、ブルーアイズは幾度と無く特殊召喚された。戦闘破壊、あるいは除去、あるいはシンクロやエクシーズの素材となって、プレイングの中心として活躍する。乙女自身も何度かシンクロに使われて、<蒼眼の銀龍>の素材とされたが、カードが三枚積みなおかげもあって休む暇なくモンスターゾーンに呼び出された。
 ――カードは別々でも彼女の精霊の魂は一つなのだ。
 だからもし主の<青き眼の乙女>が同時に複数召喚されれば、どれか一体にのみ乙女の魂が反映され、残りは単なる立体映像となる。しかし、一体だけなら必ず彼女の意思が宿るのだ。一枚目が墓地にあろうと、二枚目が出されれば乙女はフィールドに呼び戻される。何度でも繰り返しモンスターゾーンに降り立っているのだ。
「<頼もしき守護者>を発動!」
 守備力を上げる効果を持つ速攻魔法だが、絵柄には屈強な男が描かれている。男が乙女の前に実体化し、守備力を注入するための一物を取り出してきた。
「ええと、挟めばよいのでしょうか?」
 一体何をして欲しいのか、乙女は戸惑いがちに尋ねる。
 コク、っと男は頷いた。
「わかりました。胸を使えばいいのですね」
 乙女は肩から袖を下ろして、乳房を曝け出す。大きく丸いその乳に肉棒を挟み込み、一生懸命にしごいてみせた。乳圧をかけるようにして上下にしごき、狭間にある亀頭に向かって顔を埋める。
 していることは淫らだが、主のために尽くしたい。主が最善だと思うプレイングのためなら、どんなカード効果の対象にもされてやりたい。その心は健気そのものだ。
 ドクンッ、と精が放出される。
「チュゥゥゥゥゥ……」
 乙女はそれをこぼすまいと、亀頭を強く唇で締め付け吸い上げた。一滴と残さずに飲み干して、喉を鳴らして嚥下した。
「ブルーアイズ! 敵モンスターを粉砕だ!」
 主の攻撃宣言で戦闘が行われ、敵ライフが戦闘ダメージで削られる。
「くっ、俺のターン!」
 敵も負けじとドローして、次々にカードを繰り出していった。
 激しい攻防のさなか、ユニオンモンスター<バスター・ショットマン>が召喚される。人型マシーンの姿をしたそのモンスターは本来なら攻撃用のモンスターに装備するものだが、状況を考えて、主は青眼乙女を対象に取る事を選択した。
「すまないが装備を受け入れてくれ」
「かしこまりました。マスター」
 すると<バスター・ショットマン>は乙女の肢体を抱き上げて、股からそびえる作り物の一物とドッキングさせた。
「ひゃうん! こ、これは――まるで私の方が装備扱いです!」
 乙女は両膝から腕を通す形で抱えられ、赤ん坊のように抱かれているのだ。陰部を結合させながら、まるで<バスター・ショットマン>がメインでモンスターゾーンに立っているような有様である。
 それだけではない。
 ――ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!
 と、膣内から振動音が響く。
「いやぁぁぁ! こ、これはすごいです! すごすぎます! マスター!」
 膣粘膜の細胞の一つ一つまで振るわせるような、地味だが確かな刺激が乙女を襲う。激しい快楽を堪えきれず、乙女はその機械の体に必死にしがみついていた。
「<融合>発動! 三体のブルーアイズを融合し、現れろ! <青眼の究極龍>!」
 ついに終盤。
 ライフポイントではお互いにギリギリの局面、攻撃力四千のモンスターを出されて主はピンチを迎えたが、乙女の能力と蘇生カードを駆使してどうにか素材を揃え、融合を行うに至ったのだ。
「アルティメット・バースト!」
 プレイヤーの攻撃宣言、相手に発動するカードはない。伏せカード自体はあるが、攻撃を防ぐ効果はなかったのだろう。墓地にも、手札にも、この攻撃を凌ぐ手段は無い様子だった。
「ぐわぁぁぁぁぁああああああ!」
 見事に戦闘ダメージが通り、敵プレイヤーのライフはゼロとなる。
「やりましたね! マスター!」
「ああ! みんなお前のおかでだ!」
 乙女は主の勝利を心から喜び、そしてプレイヤーは己のモンスターに感謝の意を抱く。ここまでのプレイングを支えたモンスター達と、そして<青き眼の乙女>に心の中で礼を述べ、乙女の頭を撫でてやった。
 髪をくしゃくしゃにされる彼女は、本当に嬉しそうな顔をしていた。

     *

 その晩、デュエル終了後の夜。
 <青き眼の乙女>は衣服を脱ぎ去り、一糸まとわぬ姿でベッドの上に横たわった。そこへ主が覆いかぶさり、顔を押し寄せ口付けを交わす。
「いつもお前には助けられてばかりいる。間違いなくお前は最高の相棒だぜ」
「……そんな。勿体無いお言葉」
 乙女は頬を朱色に染め、照れくさいような嬉しそうな顔つきになる。
「デュエルは終わったが、まだ夜のライディングデュエルが残ってる。お前のこと、今度は俺の愛の対象に選択してやるよ」
「……もう、白き竜を呼びますよ?」
「そりゃ怖い。そうなる前に楽しまないとな」
 主は彼女の全身にまんべんない愛撫を施した。頬に触れ、耳に触れ、何度も口付けを交わしながら乳を揉む。首筋に吸い付いて、秘所の割れ目を指でなぞった。
「気持ち良いか?」
「はい。マスターの体、とてもとても温かいです」
「お前も温かいよ」
 乳首をベロベロと舐め回し、膣に指を挿入する。出し入れしつつ乳首を吸い、秘所の割れ目に突起した肉豆を見つけて刺激した。
「あっ、あぁぁ……」
 乙女は瞳をとろけさせ、うっとりと快楽に浸る。
「挿れるぞ」
「はい……! 来てください!」
 主はそっと亀頭を押し当て、ずっぷりと腰を沈めていく。太い剛直で膣壁を拡張させ、根元までしっかりとハメ込む。大胆に腰を揺り動かし、乙女の最奥を突き込んだ。
「ふぁぁぁっ、気持ちいいですぅ!」
 乙女は喘ぐ。
 長い銀髪を振り乱し、突かれるたびに首をよがらせていた。
「よし、ならばライディングセックスだ! 上になってくれ!」
「はっ、はいぃぃ!」
 体位を変え、主が下に横たわる。乙女は股間に跨って、淫らに尻を弾ませ喘ぎよがる。尻の打たれる音と結合部の水音が混じり合い、大きな胸が上下にプルプル揺れ動いていた。
「気持ち良いぞ! 最高だ!」
「はい! 私も――あっ、とてもとても――ひあぁっ、気持ちいいですっ!」
 二人は両手を握り合う。
 そして……。
「もう出る……!」
「私も……! 私もイきそうです!」
 乙女は一層激しく腰を練り動かし、息切れしかねないほどのペースで上下に跳ねる。主も下から突き上げてんばかりに腰振りし、互いの動きが快楽を増幅しあった。
「出るぞ!」
 ――ドピュン! ドク――ドクン! ドピゥゥゥゥ!
 膣内に大量の白濁が放出され、その熱さが膣粘膜全体に広がると同時に、乙女の全身を激しい快楽の電流が支配した。
「あっ、あ! あぁぁぁぁ! イきます! イきますぅぅぅぅぅ!」
 絶頂の喘ぎを上げ、果てた乙女はそのまま前のめりに倒れていく。主の胸元に顔を埋め、うっとりと余韻に浸り込んだ。
「気持ち良かったぜ? お前は最高だ」
「私にとっても、あなたは最高のマスターです」
 二人はそして口付けを交わし、寄り添いながら眠りについた。




目次に戻る

inserted by FC2 system