部活でのしごき


目次に戻る

 自分だけが特別なのだと思っていた。
 しかし、実際に習い事のコーチや部活の顧問が行き過ぎた指導を行い、例えば部員を殴るだとかいうニュースが報道された。女子生徒に対する猥褻行為だなんて事件もあり、自分以外にも、きっと同じ目に遭っている子はいるのだろうなと、黄山稜子は薄っすらと感じた。
「服を脱ぎなさい」
 稜子に告げるバスケ部のコーチ。
「……はい」
 稜子はユニフォームを脱ぎ始めた。
 逆らえないのだ。
 スポーツ推薦で入学してきた稜子としては、決してレギュラーを落とされるわけにはいかないし、この高校は全国大会などの実績を持つ強豪校には違いない。過度な指導だと内心では思うものの、コーチの指導者としての腕自体は本物だ。この行き過ぎた指導も、わざとそうしているのかもしれない。
 しかし、とはいえ――。

 全裸になるのは初めてだった。

 もう恥ずかしくて仕方が無い。
 コーチはなんて厳しいのだろう。

 初めて入部した頃もそうだ。
 練習で実力を見せ、稜子の素質を認めたコーチは、個別の呼び出しで二人きりになり、いきなり命令してきたのだ。
「スカートをたくし上げなさい」
「……?」
 当然、驚いた。
「たくし上げなさい」
「え、どうしてですか? だって、そんな問題のあることを……」
「いいから!」
 口答えをすると、コートは怒鳴る。
 鬼のような形相なので、さすがに驚いた。
「いいかい? 黄山稜子さん。あなたは素晴らしい選手であり、この先の大会で活躍するべき我が校の優秀な部員だといえる」
「は、はい」
「だからこそ、僕は厳しくする。優秀で、可能性のある選手であるほど、僕なりの指導方法で導いていくつもりだ」
「それで、どうしてそんな……」
 恐る恐る尋ねると、鬼の形相だったコーチは途端に、まるで仮面の付け替えでもしたかのようにすんなりと表情を変え、優しく穏やかなお兄さんといった微笑みを浮かべる。三十代とはいえ歳より若く見えるので、顔だけを見る分には、オジサンよりはお兄さんだ。
「見せるのは恥ずかしいだろう?」
「当たり前です」
「だからなんだよ。だから、コーチと選手で上下関係はきっちりつける。本来ならそこまでの必要はないけど、君は特別な子だ。才能がある。だから、レギュラーでなければありえない指導を君に行う」
「私が、特別……?」
「そう。特別」
「本当ですか?」
「本当だよ」
「……じゃあ、信じます。スカートを持ち上げるんですよね」
 稜子は恐る恐るたくし上げ、恥を堪えた気持ちで、水色のショーツを見せる。コーチは目の前に屈み込み、下腹部にじっくり顔を近づけ、ショーツの柄を観察してきた。
「君は今日から、言われたらすぐに下着を見せなくてはならない」
「……はい」
「返事は? 声が小さい!」
「はい!」
「よし、今日はここまででいいだろう。これから練習はきっちりやりなさい」
「はい!」
 そうして初めて下着を見せた日から、週に数回以上はたくし上げの命令を受け、稜子は何度もショーツを見せた。
 レギュラー全員が横一列に整列して、一斉に見せたこともある。
「全員! たくし上げ!」
 というコーチの声で、みんなでスカートの中身を見せた。
 ユニフォームを両方脱ぎ、下着姿で練習をすることもあれば、ミスをしたメンバーのお尻を叩くこともあり、稜子は何度も叩かれている。
 全員が、一度は必ずやられている。
 レギュラーみんなが見ている前で、膝の上に乗せられて、お尻をパンパン叩かれる。
 アメとムチだ。
 こんなことをしてくる分、試合で勝てば焼肉を奢ってくれたり、勉強でわからないところの相談に乗ったり、悩みを聞いたり、優しくする。
 そして……。
 そんなコーチを信頼というか、怖いからというか、何というか。何がなんだかわからないうちに従うことが当たり前になっていて、裸になれという命令にも、稜子はほとんど素直に従っていた。

「…………脱ぎました」

 想像以上に恥ずかしかった。
 これまで何度も、下着姿は見られているが、こうして全ての肌を出すのは初めてだ。乳首を見られるのも、アソコを見られるのも、思った以上の羞恥にかられ、肩が小さく縮んでしまう。
「いい胸だな」
「……えっ」
「きちんと上を向いている。大胸筋が鍛えられている証拠だ」
「あ、ありがとうございます」
 恥部に関するコメントには、ますます顔が赤く染まった。
「アソコの毛は剃ってるんだな」
「ええと、その……。一応」
「尻を見せろ」
「――はい!」
 後ろを向く。尻に視線が集中する。
「いい形だな。ふっくらしている」
「あ、ええと……」
「犬のように四つん這いになり、尻を高く掲げてみせろ!」
「はい!」
 稜子は床に両手をつき、胸をほとんど下にくっつけ、下半身だけが高々と持ち上げられた恥穴の丸見えな姿勢となる。すぐにコーチは後ろに屈み、尻に顔が接近してくる気配がわかり、アソコも肛門も、まじまじと見られているのがよくわかった。
「宣言しろ。私は必ず優勝しますと」
「――私は必ず優勝します!」
「どんな強豪チームが相手だろうと諦めない」
「――どんな強豪チームが相手でも諦めません!」
「ならば仰向けになって、オナニーしてみせろ!」
「あぅ……。ううっ、はい!」
 稜子は本当に悲しげになりながら、それでも大きな声で返事をした。仰向けで足を開き、秘所を弄り回す姿をじっくりと鑑賞してもらった。





目次に戻る


ブログパーツ inserted by FC2 system