新入生発育健康診断2015春



 裸で行う恥ずかしい健康診断。

 しかし、最初は人前での露出はなく、約三十分ほどは服を着たままの診断となっています。






 といっても、個室で尿検査の尿を取っているので、こういうマニアなシーンがいきなり。
 自分のオシッコについて目の前で話をされ、臭気についてまで言われてしまう女子には嫌過ぎる展開。
 色合いを見たり、臭気について言及しながらの問診はなかなか恥ずかしいものでしょう。



 そして、約三十分が経ったところで、ようやく人前で肌を出すことが強要されます。
 それはスリーサイズ測定の際・・・・・・・。
 胸元を開けてくださいと言われた時から始まります。


 「そんなのおかしいと思います」
 「だって男子見てるじゃないですか」
 「そんなの嫌です」

 と、女子側は当然の抗議。

 すると、男性教師が怒り始めるのです。

「文句を言うと先生容赦しないぞ?
 時間がないんだからな!」




 大きな声で一括すると、それまでお喋りの声でざわめきがいっぱいだった空間がシーンと沈まる。
 当たり前のことを言ったはずが、まるで我がままを言う女子が悪いかのような空気になる。

 男子が見ているのに・・・・・。

 服をたくし上げての検査が始まっていくのです。




「お前はいつもこんな派手な色のを履いて歩いてんのか?
 学校の校則は白だろう」

「お前、何でこんな地味なパンツ履いてるんだ。
 女の子なんだからもっと可愛らしい柄のパンツ履きなさいよ。
 下着に気を使うのも、これからレディの身だしなみだぞお前」

「なんだお前意外と胸あるじゃないか。
 ちゃんと学校の校則の白だなぁ。
 星お前いつからそんなに大きいんだ?
 星、お前何カップだ?
 ちゃんと質問には正直に答えなさい。何カップだ」



 男性教師は女子達の後ろについたまま、その都度下着や体つきに対してコメントを行う。
 台詞は明らかにセクハラなのに、ちゃんと教師が生徒に問いかける口調なのが面白い。




 リンパ節の触診。
 後ろにいる男子達は、目の前のお尻を見ながら談笑しちゃってます。





 医師に背中を向ける際も、男子と目が合うは嫌でしょうねぇ。
 じっと下でも向いているしかないでしょうねぇ。
 聴診の際に出しっぱなしになったオッパイを、みんなに向けて大公開になっちゃうのですから。





 このように、背後にいる男子にとっては、女子の体の鑑賞大会みたいなもんです。
 スカートを脱がされる瞬間を見て、現われたパンツに関心するような声を上げます。
 「おおっ」と、素晴らしいものを称えるような歓声を上げます。

 このシリーズはきちんと女の子に恥ずかしい思いをさせる環境が整っているのがいいですね。


 モアレ検診のために台に乗るのも、いちいち裸の公開ショーになっちゃいます。







 受けるだけでも屈辱的な直腸検温。

 なのに鑑賞してくる男子達までいるなんて、果たしてどんな気持ちなのでしょう。





 ギョウチュウ検査ではこんな姿を「鑑賞」されてしまうのです。





 最後は心電図と性器検査。





 全ての検査が終了したあとは、これだけの目に遭った女の子達がセックスまでする。
 オマケとして収録された本番シーン五人分が入っています。



  amazon /DMM


戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system