奈々子と肥後ずいき


目次に戻る



この体験談は『愛と官能の美学』のShy様よりご投稿頂いた作品です。


 皆さんは「肥後ずいき」と言うものをご存知でしょうか?
 熊本の特産物で、細川藩が徳川将軍家への献上品に定め、参勤交代のお土産として持参したと文献に残っています。
 これはお湯、又は水に浸すと柔らかくなり、大人のための手工芸品(おもちゃ)として大変重宝がられたと聴きます。
 数年前、当時の彼女奈々子(24歳)と阿蘇山に遊びに行った時のこと。
 阿蘇山を散策してホテルに戻ろうとした帰り、途中ぶらりと土産物屋を覗いてみることにしました。
 店頭には、チーズケーキ、牛乳ケーキ、ふんわりブッセ、ハニーミルク等が並んでいました。
 その時でした。
 棚に何かエッチぽい感じのするパッケージと見慣れないモノを見つけました。
 それは直径3センチぐらいだったでしょうか。
 リング状の縄のようなものでできている小さなものが陳列されていました。
 商品から漂う独特の雰囲気で、直感的に「ははん、大人のオモチャだな?」と察しはつきましたが、使用方法は全く見当がつきません。
 いささか照れ臭くはありましたが、店のおばさんに単刀直入に聞いてみました。
 おばさんは僕よりもいっしょにいた奈々子の方をニヤニヤと見回しながら、ちゃんとと答えてくれました。
 勃起した状態の肉棒に嵌めて挿入すると、女性は恐ろしいほどによがり狂うというのです。
 はっきりとそういった訳ではありませんでしたが、遠回しにそんな意味のことを説明してくれました。
 でも僕は興味はありましたが、買おうとまでは思いませんでした。
 道具を一切使わないで女性をイかせたい……という男のプライドのようなものがあったため、バイブやローターですら彼女からの希望が無い限り一切使用することはありませんでした。
 ところが意外にも僕よりも奈々子の方が反応して「これ面白そう〜!」などと興味を示しました。
 その一言で買うことが即決しました。
 結局その一品を購入してその日の宿へと向かいました。

 その夜、男女それぞれの大浴場から部屋に戻ったふたりは、窓際の籐の椅子にもたれて寛いでいました。
 奈々子はスキンケアに余念がありません。
 僕は冷蔵庫からビールを出して喉を潤しています。
 部屋の中央には入浴中に仲居が来たようで布団が二枚並べて敷かれています。
 そんな光景から淫靡な雰囲気が漂ってきます……
 官能の芳香がムンムンと香ってきます……
 浴衣の紐を解く愉しみは洋服を脱がすのとは一味違います……
 僕は奈々子を眺めながら、その後のエロチックなプログレスを脳裏に描いていました。

 奈々子の肌の手入れが終わった後、当然のようにふたりは布団の中でもつれ合いました。
 執拗に愛撫を繰返すうち、いつしか浴衣がはだけてしまった奈々子。
 白いショーツが眩しく僕の眼に飛び込んできました。
 クロッチの上から、擦る、窪ませる、撫でる、舐める……奈々子が濡れるまで多くの時間を必要としませんでした。
 ショーツを脱がせた後も、さらにしつこく愛撫を繰返しました。
 奈々子の方から「早く入れて……」と言う一言が漏れるまで、じっくりと焦らすことにしました。

 まもなくひとつになる時間がやって来ました。
 初めて使う『肥後ずいき』……僕は心がときめきました。
 奈々子も期待に目を輝かせています。
 エッチを始めてから中断して説明書を読むのも間が悪いと思ったので、使用方法は予めよく読んでおきました。
 箱から『肥後ずいき』を取り出し、いきり立ったイチブツに嵌めてみました。

(こんな物で本当に女性が泣き出すほどよがらせることができるのだろうか……)

 正直そのときはまだ半信半疑でした。
 そして奈々子の濡れた花芯深くに肉棒を挿し込みピストンを繰り返しました。
 最初はいつもの奈々子とそれほど変わりませんでした。
 ところが1分ほどピストンを繰返した頃だったでしょうか、次第に変化が現われてきました。
 奈々子の悶え方がいつもとそれと全く違うのです。
 いつもセックスの序章では蚊の鳴くような喘ぎ声の彼女が、初めから声を荒げ激しく悶え始めたではありませんか。

「あっ、あっ、あっ、あああ〜っ!効くぅ〜!これ効くよ〜!もう、たまらない!あああんっ!!」

 見る見るうちに顔を紅潮させ、ついにはシーツを掻きむしり出したのです。
 正常位から座位に移行し下から突き上げたとき、奈々子は感極まったのか僕の背中に爪を立てました。
 それには僕もたまらず「いてっ!」と叫んでしまいました。
 序盤からこんなによがり狂う奈々子はとても珍しかったのです。
 『肥後ずいき』ってそんなに効くものなのか?そんなに良いのか?
 男の僕には口惜しいけど全く分かりません。
 このときは何故か女である奈々子のことを羨ましくさえ思いました。
 大事なところに山芋を塗られて泣き叫ぶ女性のようにむず痒い感じなのでしょうか。
 その辺のことを奈々子にしっかりと聞いておいたら良かったのですが、すでに別れてしまった今それも叶いません。
 ただ「身体全体が燃えるようにほてり、あそこがジュワ〜と熱くなってきた」と言っていたのを記憶しています。

 翌日ふたりは昨日のみやげ物屋でもう1箱買い足したことは、書かなくてもきっと察しがつくことでしょう。
 もし読者の皆様で、使用された経験がおありの女性の方がいらっしゃったら、ぜひとも私Shy宛て感想をお寄せくださいね。


<追記>

 肥後ずいき……
 実はもうひとつ効能があります。
 理由は知りませんが、男性に持続力を与えらしいのです。
 これも当時を思い起こせば、当たっているように思います。なかなか萎えなかったから……
 一種のバイアグラ的効果があるのでしょうか?
 また、男根に填めるリング状のずいき以外に、女性専用の男根型のずいきもあるようです。
 画像が無くお見せできないのは残念ですが、熊本の阿蘇山に行かれる機会がもしあれば、一度覗いてみてください。


 終






目次に戻る


ブログパーツ
inserted by FC2 system